神戸加入イニエスタ、母国メディアに明かした意欲「引退したわけじゃない。人々は最高の自分を求め続ける」

コメント()
Getty Images

先にバルセロナを退団し、ヴィッセル神戸に加わったスペイン代表MFアンドレス・イニエスタだが、明治安田生命J1リーグ への挑戦に大きな意欲を抱えているようだ。

イニエスタはスペインのテレビ局『クアトロ』の人気番組“エル・チェスター”とのインタビューで、日本でも「最高の自分」を見せる必要性を説いている。

「これから異なる大会に参加して、異なる要求に応えることになる。僕がプレーするのはフットボールであり、引退するわけじゃない。そこには違うプロジェクトがあり、これまで通り楽しんでいきたい。僕は責任を背負い続ける。人々は、最高の自分を求め続けているわけだからね。新しい日々を楽しんでいきたい」

イニエスタはまた、バルセロナを退団した理由について、次のように説明した。

「退団の考えは1年半前に生まれた。頭の中にはあったんだよ。今季が最後になるかは分かっていなかったけどね。僕が退団する理由は、このクラブの要求に応じることが、とても難しくなったと感じたからだ。それが誠実というものだった」

その一方で、将来的に監督となる意欲をのぞかせている。

「以前には監督になる考えなどなかった。でも、今はその可能性も頭の中にある。これまでに覚えてきたことすべてを伝えたい。そうした機会に恵まれたらいいけどね」

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる