2018-05-02-Arsenal-Ryo Miyachi(C)Getty Images

石川直宏氏が宮市亮にエール「米本拓司のような復活を見たい」…自身も3度の大ケガ

元日本代表で、FC東京クラブコミュニケーターを務める石川直宏氏が、ザンクト・パウリ(ドイツ2部)のFW宮市亮にエールを送った。

ザンクト・パウリは4月30日、宮市が「右ひざの前十字じん帯を再び断裂した可能性が高い」と発表した。2015年夏にアーセナルからザンクト・パウリに移籍した宮市は、加入直後に左ひざ前十字じん帯を断裂。さらに昨年6月末には右ひざの前十字じん帯も断裂する。今年3月末にテストマッチで実戦復帰を果たし、4月28日に2軍の試合で昨年5月以来となる公式戦に出場。しかし、この試合で再度の負傷となってしまった。

この記事に触れ、石川氏は宮市にエールを送った。石川氏は現役時代に右ひざ1回、左ひざ2回と合計3回の大ケガを経験。そうした自身の体験と、FC東京時代の同僚で、やはり3度の大ケガを体験しているMF米本拓司を引き合いに出し、ツイッターを通じて以下のようにコメントした。

以下に続く

「これからだというタイミング、しかも3度目の大怪我の可能性。乗り越えてと簡単には言えない。でも、怪我をする度に乗り越えてきた景色を見てきたと思う。それが何よりの強み。限られた選手しか見られない景色、その限られた選手のプレーを見られる喜び。勝手だけど、ヨネの様な復活を俺は見たい」

宮市の診断が確定するのは、ミュンヘン近郊の専門医による関節鏡での診査が行われる5月3日となる。

▶ブンデスリーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

広告