直近3大会はすべて延長戦のW杯決勝…体力ではフランス有利も、2度PK経験のクロアチアにも勝機あり?

コメント()
©Getty Images
直近3大会はすべて延長戦にもつれこんでいるW杯決勝。果たして今回はいかなる結果に?

15日のロシアW杯決勝でフランスとクロアチアが対戦する。直近3大会の決勝はすべて延長にもつれ込んでいるが、今回は果たして90分で決着がつくのだろうか。

W杯は、2002年の日韓大会でブラジルがドイツを90分で下したのを最後に、2006年のドイツ大会からはすべて90分で決着がついていない。ドイツW杯ではイタリアとフランスが120分を戦うも、同点のままPKに。結果、イタリアがフランスを破り、24年ぶりの優勝を成し遂げた。

2010年の南アフリカ大会はスペインとオランダが激突。スコアレスで迎えた延長後半にアンドレス・イニエスタが決勝ゴール。スペインが悲願の初優勝を手にしたことは記憶に新しい。2014年のブラジルW杯は、ドイツとアルゼンチンが対戦。こちらも2010年大会同様、スコアレスのまま迎えた延長後半にマリオ・ゲッツェが値千金の一撃。ドイツが4度目の優勝を達成した。

今大会は1998年以来2度目の優勝を目指すフランスと、史上初のファイナルに駒を進めたクロアチアのヨーロッパ勢の顔合わせに。フランスは決勝トーナメントすべてを90分で終えているのに対し、クロアチアはすべてのゲームで延長を含めた120分を戦っている。数字で言えば、クロアチアが1試合分を多く戦っている計算になる。

体力的な消耗度で言えば、フランスはクロアチアより有利であることは事実。しかし、仮に90分で決着がつかなかった場合、延長の戦い方を熟知しているのはクロアチアと言える。さらに、クロアチアはラウンド16のデンマーク戦、ラウンド8のロシア戦でいずれもPKを経験しており、PK戦までもつれ込んだ場合も、クロアチア有利との見方もできる。

PKを経験していないフランスが決勝という大舞台の重圧のなかで対応することができるのか。2006年大会での嫌な経験もあるだけに、90分で決着をつけたいはず。一方のクロアチアも、体力的な面を考慮すれば90分で勝負を決めたい。

ファイナリストの両者がどんな戦いで臨むのか、注目が集まる。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
ユーヴェ指揮官、C・ロナウドのPK失敗に「実は朝の練習でも失敗だったんだ」
次の記事:
「数日前からイグアイン退団の雰囲気がある」ミラン監督代行がジェノア戦後に認める
次の記事:
昌子源が公式戦2試合連続フル出場…トゥールーズが延長PK戦を制しフランス杯16強進出
次の記事:
カタールからの関心も、中島翔哉の選択肢はあくまで欧州のみ…本人が明言
次の記事:
未だ行方不明のカーディフFW…古巣ナント指揮官ハリルも悲痛「最悪の事態だと思われる」
閉じる