【独占】元伊代表監督ドナドーニが振り返る日本代表とW杯/インタビューVol.1

最終更新
コメント()
『Goal』は、日本代表の新監督候補に浮上していると報じられたロベルト・ドナドーニ氏に独占インタビューを実施した。今回は第1回目をお届けする。

日本代表の新監督候補に浮上していると報じられたロベルト・ドナドーニ氏。『Goal』は元イタリア代表指揮官にインタビューする機会に恵まれた。

キャリアから憶測すると、日本との関係性はあまりないように思えた。しかし、率直に疑問をぶつけてみると「以前から興味を持っていて、Jリーグの試合も研究対象として追いかけていた」という。ワールドカップの日本代表戦も「4試合すべてチェックした」とのことだ。

ではドナドーニ氏は日本のロシアにおける戦いぶりを見てどんな印象を持ったのか? 元イタリア代表指揮官が振り返るロシアW杯とは?

インタビュー・文=松岡宗一郎(Goal編集部)

■ベルギー戦は「延長に持ち込むべきだった」

――まずは大会を通じて日本にどんな印象を持たれましたか?

非常にオーガナイズされていて、タレントがたくさんいた。特にテクニックのクオリティが高い選手が揃っていた。私は以前からJリーグの試合を研究対象として興味を持って追いかけていたので日本の事情も理解していたが、やはり今回のチームにもそういった印象を抱いたよ。

――いくつかトピックがありましたが、中でもポーランド戦について。グループ突破が決まっていない中で大幅にメンバーを入れ替える選択をしました。

西野朗監督は非常に勇気ある選択をした。6人もメンバーを代えることは簡単ではないよ。なぜその選択ができたかと言えば「日本人のメンタリティ」が挙げられる。日本人は全員が準備をしている。いついかなるときもチームへの貢献を忘れず、犠牲心を持って準備をしているんだ。だからこそ西野監督はその選択ができたんだろう。日本人のメンタリティを考えれば賢い選択だったと言えるし、私はそのメンタリティがとても好きだよ。

――フェアプレーポイントによる勝ち上がりを狙ったことは物議を醸しました。その点については?

議論になるテーマだったと思う。ネガティブな声もあった。ただ、私はプラスの面があったと考えている。教育の概念という意味でいい勉強材料になったのではないかな。フェアプレーをすることによる優位性、相手をリスペクトすることの重要性、それによって予選を通過した事実も含めていい教材になった。我々イタリア人やイタリアの若手も日本から学ぶことになった。

――もしドナドーニ監督が同じ立場に立っていたら同じ選択をしましたか?

それを想像するのは難しい。少しはぐらかす形になって申し訳ないが、実際にそうなんだ。なぜなら監督は選手のキャラクターや性格を理解した上で決断をくださなければならない。そのときにどんな選手がいるのかで判断は変わってくるんだ。

――選手たちは西野監督の決断を支持しました。信頼関係が厚かったと感じましたか?

日本の強さはグループとして戦うことだ。西野監督の信頼は厚かったのだろう。団結してすべてを犠牲にして戦うメンタリティが日本の強さであり、ピッチでそれが見られた。仮に監督が間違った判断をしたとしても団結して戦うのが日本人の魂だと私は思っている。残念ながらベルギーに負けてしまったが、団結していたからこそ、あそこまで際どい試合ができたんだ。

――そのベルギー戦では一時2−0とリードしながら逆転されてしまいました。日本がリードできた要因と足りなかったことは?

まずベルギーには慢心ではないにせよ、90%くらいの確率で勝てるという気持ちがあったのではないかと思う。ただし、もしそうだとしても日本はコンパクトにチームを保って団結していた。ベルギーを恐れずに立ち向かっていた。だからこそ、リードを奪うことができたんだ。

通常、1−0になると駆け引きが発生する。相手をおびき寄せてカウンターを狙う、といったことだ。しかし、日本はシンプルにフットボールというゲームに持ち込んだ。自分たちのプレーをやめず、相手を待つのではなく自分たちから行くことを選んだ。その結果、2点目を奪うことができたんだ。

――しかし、逆転されてしまいました。

試合では色々なことが起こる。選手は様々なエピソードに対応する必要があるんだ。そういう意味ではベルギーのほうが経験があった。国際経験豊かで大舞台にも強い。ああいった緊張感のあるシチュエーションにも慣れている。

2−2になった時点で均衡の取れた試合に戻ったんだ。ヨーロッパ的なロジックからすると、フラットに考えなければならない。本田(圭佑)がああいったCKを蹴ってしまったが、「2点を取れたから3点目を取れる」「3−2にして試合を終わらせたかった」という思いがあのプレーの背景にあったのではないか。結果としてベルギーがそのスキを見逃さずにカウンターでチャンスを生かすことになってしまったね。

――日本には「延長戦を戦い抜く余力がなかったのではないか」「だから得点を狙ったのではないか」という見方もあります。

ヨーロッパの選手であれば延長に持ち込むのがベターというのが全員分かっている。そして私はフィジカルや持久力の観点から見れば、日本が優位に立てたと考えている。間違いなく延長に持ち込んだほうが良かった。ベルギーも疲れていたし、日本のほうがガソリンは残っていたように見えたよ。

■掲載予定
・ドナドーニが自分のチームに招き入れたい日本代表選手は?
・ロベルト・ドナドーニの哲学「選手を知り、選手を生かす」

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
レアル・マドリー、ソラーリの正式な指揮官就任を発表…2021年夏までの契約を締結
次の記事:
今季初得点の宇佐美貴史「左足はダメダメだけど、決めることができた」
次の記事:
クラブでウイングバックやサイドバックもこなした原口元気、森保ジャパンで特徴を生かしたい
次の記事:
リヴァプールに忠誠を誓うシャキリ、激しい定位置争いも「バイエルンで経験済み」と歓迎
次の記事:
トルコでも批判集中のカリウスをベジクタシュ会長が擁護…完全移籍での買い取りも示唆
閉じる