【無料視聴可能】ユヴェントス対バレンシアの放送予定・見どころ/UEFAチャンピオンズリーグ

コメント()
GettyImages
UEFAチャンピオンズリーグGL第5節、ユヴェントス対バレンシアの一戦が11月28日(水)5時から行われる。決勝トーナメント進出に向け重要な一戦を前に放送予定や無料での視聴方法、見どころなどをまとめてみた。

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

9月から始まったUEFAチャンピオンズリーグはグループリーグ第5節を迎える。いよいよ決勝トーナメントのチームが出そろう時期となった。

グループHではユヴェントスが勝ち点9で首位を走っている。

前節ではマンチェスター・Uにまさかの逆転敗北を喫したが、以前有利な状況にあるユヴェントス。わずかなグループリーグ突破の可能性にかけてなんとしても勝利したいバレンシアを向かえ撃つ。

UEFAチャンピオンズリーグ グループH 最新の順位表

※1位・2位クラブはUEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメントへ、3位クラブにはUEFAヨーロッパリーグへの出場権が与えられる。
※順位は勝点→直接対決の勝ち点→直接対決の得失点差の順で決定される。

 

  チーム 勝点 得失点 総得点
1位 ユヴェントス 9 5 7
2位 マンチェスター・U 7 3 5
3位 バレンシア 5 0 4
4位 ヤングボーイズ 1 -8 2

ユヴェントス対バレンシアの日程・放送予定(DAZN)

11月28日(水)5時よりユヴェントス対バレンシアの一戦がユヴェントスのホームスタジアムであるアリアンツ・スタジアムで行われる。

TVでの放送予定はない。DAZNで独占放送が予定されている。

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

ユヴェントス対バレンシアの無料視聴方法(DAZN)

上述の通り、この一戦はDAZNで放送予定だ。DAZNでは無料で1ヶ月お試しが可能。1ヶ月後は1750円(税抜き・ドコモであれば980円)で継続視聴ができる。DAZNではUEFAチャンピオンズリーグのみならず、Jリーグやプレミアリーグも全試合中継を行っている。

両チームの順位、直近の成績

ホームのユヴェントスは4試合で3勝0分1敗、勝ち点9で首位を走る。対するバレンシアは4試合で1勝2分1敗、勝ち点5で3位につけている。

ユヴェントスは国内リーグでは13試合で12勝1分0敗、勝ち点37で1位の成績。すでに2位ナポリとの勝ち点差は8に広がっており、独走状態に入っている。

一方のバレンシアは国内リーグでは13試合で3勝8分2敗、勝ち点17で10位という成績。前節は退場者を出したラージョを3-0で破っている。

前回直接対決の結果

前回直接対決は2018年9月20日、バレンシアのホームでおこなわれた。C・ロナウドが退場したものの、ピャニッチの2得点で0-2でユヴェントスが勝利を飾っている。

ユヴェントス対バレンシアの見どころ、注目選手

両チームともグループ突破のために負けられない一戦だ。ユヴェントスは首位通過すれば決勝トーナメント以降を有利に進められる。ここで注目選手をご紹介しよう。

ユヴェントスの注目選手:クリスティアーノ・ロナウド

説明不要のスーパースター。鍛え抜かれた肉体・技術・感覚でゴールを量産し続ける。33歳の今もまったく衰えをみせない。

クリロナ,ロナウド

バレンシアの注目選手:ロドリゴ

レアル・マドリーへの移籍も噂されたスペイン屈指のストライカー。百戦錬磨のユヴェントス守備陣をも出し抜くことはできるか。

 

ロドリゴ

▶UEFAチャンピオンズリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

広告

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

↓気になる他会場の結果をいち早くチェックできる!最速のゴール通知アプリ↓

Goal Live Scores

次の記事:
国王杯準々決勝の組み合わせが決定…5連覇を目指すバルセロナはセビージャと激突
次の記事:
香川真司の去就もついに決定?ドルトムントSD、戦力整理について「話を進めているところ」
次の記事:
日本が参戦するコパ・アメリカのポット分けが発表…組み合わせ抽選会は24日に開催予定
次の記事:
アンデルレヒトがMFジュリを獲得…ライバル出現も森岡亮太は「残留希望」か
次の記事:
3戦を振り返る森保監督「僕が言ったことだけでなく」…メディアにもオープンな姿勢を求める
閉じる