激動の決勝はフランスがリードし後半へ!グリーズマンがVARで得たPK沈めて勝ち越し/W杯決勝

コメント()
(C)Getty Images

ロシア・ワールドカップは15日決勝戦でフランスとクロアチアが対戦。前半は、2-1でフランスがリードして折り返した。

約1カ月にわたって開催された4年に一度の祭典も、ついに最後の試合。盤石の勝ち上がりを見せてきたフランスと、3度に渡る延長戦を不屈のメンタリティで突破してきたクロアチアによる決勝戦となった。

20年ぶりの優勝を目指すフランスは、決勝Tに入ってからの固定メンバーでこの一戦に臨んだ。ジルー、グリーズマン、ムバッペやカンテら絶対的な主力メンバーももちろん先発。監督してもW杯優勝を目指すデシャン監督は、大一番にベストメンバーを送り込んだ。

対するは、史上初優勝を目指すクロアチア。フランスよりも約1試合分多く戦い、ケガも心配されるなど満身創痍の中、準決勝イングランド戦と同じ11人で臨んだ。主将モドリッチやラキティッチ、ペリシッチやマンジュキッチら黄金世代が名を連ねている。

試合序盤は、決勝ならではの固さはなく、両チームとも激しいプレッシャーからボールを奪いに行く展開となる。クロアチアはバックラインから丁寧につなぎ、サイドを起点にボールの前進を図る。

両者ゴール前に近づきながら、なかなかシュートまで持ち込めない時間が続く。それでも18分、フランスがセットプレーから試合を動かした。ゴール右前で得たFKでグリーズマンが中にクロスを送ると、クリアにいったマンジュキッチの頭にあたってボールは枠に吸い込まれていった。フランスが、20年ぶりの優勝へ一歩リードする。

失点したクロアチアだが、焦ること無く攻め続ける。それが実ったのは28分、FKでのトリックプレーからヴルサリコが折り返すと、マンジュキッチが競ったボールがペリシッチの前に。背番号4は落ち着いて一度持ち出すと、左足を振り抜きゴールを奪った。クロアチアがすぐさま試合を降り出しに戻す。

白熱の一戦は、落ち着く時間がない。34分、フランスのCKの場面でペリシッチの手に当たったとしてビデオ判定が行われ、主審はPKを宣告。キッカーのグリーズマンは、落ち着いて左に蹴り込んだ。追いつかれたフランスだが、すぐさま勝ち越しに成功する。

会場全体がざわめく中、クロアチアは集中を切らさず落ち着いてボールを進めていく。セットプレーなどからチャンスを作るが、前半のうちに追いつくことはできず。

フランスが1点リードし、前半を折り返した。Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal Live Scores

次の記事:
バルセロナに電撃移籍したボアテングの後釜にバロテッリ?サッスオーロに提案か
次の記事:
J王者・川崎Fが欧州強豪クラブと対戦!『Jリーグワールドチャレンジ』が7月に開催決定
次の記事:
日本vsベトナムの主審はウズベキスタン戦担当のモハメド氏…準々決勝からVARも導入
次の記事:
K・P・ボアテング「大きな夢が実現した」バルサ入りに歓喜…23日国王杯で早くもデビューか
次の記事:
PSGの相次ぐ中盤の離脱に…トゥヘルが補強を望む「この状況はとても、とても深刻」
閉じる