「激しさも信念もなかった」モウリーニョがホームでドローを演じたチームに苦言

コメント()
Getty Images
チームは心理面で十分な準備ができていなかったと指揮官が語った。

マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、選手たちの信念に疑問を持ったと話した。

24日に行われたプレミアリーグ第13節で、マンチェスター・Uはホームでクリスタル・パレスと対戦。オールド・トラッフォードでの戦いながら得点を奪えず、アウェーチームに押される場面も見られるなど低調な戦いに終始したマンチェスター・Uはスコアレスドローで終わった。これで首位マンチェスター・シティとの差は14にまで広がっている。

試合後の会見でモウリーニョ監督は、低調な戦いに終わったチームへの不満をあらわにした。

「十分な激しさも、信念もなかった。勝利が必要な試合だったが、我々はまるで“もう1つの試合”をプレーしていたようだった。プレーには心と頭を使う必要があるが、心の面が十分ではなかった」

また、インターナショナルブレイク前から12月末までにトップ4を目指したいと話していた同指揮官だが、早くもつまずいてしまったと認めた。「トップ4を目指して一歩ずつ歩みを進めていた。12月末までにプレミアリーグ8試合を戦うが、これは明らかに悪いスタートになってしまった」

「彼ら(クリスタル・パレス)を称賛する。守備もよく組織されていて、GKも2つのビッグセーブを見せた。カウンターを狙い、危険な場面を作っていた。その一方で、我々はもっと良くする必要がある。もちろんパフォーマンスには失望している。勝つと考えられていたチームを非難するのは良くはないし、勝ち点のために死力を尽くした相手を称賛するのがフットボールだ。しかし、我々がマシなプレーをしなければならなかったのは明らかだ」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
クロップ、PL通算50ゴール達成のサラーを大絶賛「ワールドクラスの選手だ」
次の記事:
【活躍&低調選手がわかる選手採点】アーセナルvsチェルシーのMOMは…最低点は頑ななサッリと消されたジョルジーニョ
次の記事:
「とてつもなく怒りを感じる」サッリが“気持ちの入っていない”チェルシーに激怒
次の記事:
失望からの復活を期す前回王者の豪州。現地記者が決勝Tを展望…最大のライバルはやはり
次の記事:
ゴールだけじゃない!アーセナル主将コシールニー、大一番で記録した見事なスタッツとは
閉じる