漂う王者の風格…シティがフラムに余裕の快勝。7連勝で首位浮上/プレミアリーグ第32節

コメント()
(C)Getty Images

プレミアリーグは30日に第32節が行われ、マンチェスター・シティはフラムと対戦した。

一試合未消化ながら勝ち点74を稼ぎ、首位リヴァプールを2ポイント差で追う王者シティ。熾烈な優勝争いを繰り広げる中、残留へ向けてどうしても勝ち点が欲しいフラムの本拠地クレイヴン・コテージに乗り込んだ。

リーグ戦6連勝中のシティは、立ち上がりからその実力を見せつける。5分、相手のビルドアップでプレスをかけてパスをカットすると、最後はB・シルヴァがカットインからミドルシュートを蹴り込んだ。開始早々でシティがリードを奪う。

代表ウィーク明けのランチタイムキックオフという難しいコンディションではあるが、絶好調のシティはそれを感じさせず。その後も相手陣内でプレーを続け、ギュンドアンやD・シルバ、スターリング、デ・ブライネらのシュートがフラム守備陣を襲う。

すると27分に追加点。バックパスのミスをB・シルヴァが奪うと、ボックス内で受けたアグエロが持ち出し、GKの肩口をねらうシュートでネットを揺らした。得点ランクトップに立つ背番号10はゴール数を19に伸ばしている。結局前半だけで17本のシュートを放つなど圧倒したシティが、2点をリードして前半を折り返す。

後半はビハインドを背負っているフラムが前に出るが、シティはプレッシャーを物ともせずにボールを進め、相手を押し込む。57分、グアルディオラ監督はアグエロに代えてジェズスを投入した。74分には、負傷明けのフェルナンジーニョもピッチに立っている。

その後もシティは相手を圧倒。シュート計24本を放ち、相手に枠内シュートを1本も許さず。王者の風格を見せつけ、フラムに2-0と快勝を収めた。

翌日に試合を控えるリヴァプールをかわし、首位に浮上している。一方のフラムは、これで12試合連続で2失点以上を喫することに。残留圏内の17位バーンリーとは13ポイント差と、残留が絶望的な状況となった。

■試合結果
フラム 0-2 マンチェスター・C

■得点者
フラム:なし
マンチェスター・B・シルヴァ(5分)、アグエロ(27分)

DAZN2ヶ月無料

▶今なら2ヶ月間無料でサッカーを楽しめる! 4月3日(水)23時59分までDAZN2ヶ月無料キャンペーン実施中

【関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)が「テレビで見れない」は嘘!6つの視聴方法とは?
DAZN(ダゾーン)の解約・再加入(一時停止)の方法とは?
【最新】Jリーグの試合日程・放送予定一覧/2019シーズン
Jリーグの無料視聴方法|知っておくと得する4つのこと
白熱のJリーグ!2019シーズンの展望|優勝候補や得点王候補など

Goal-live-scores

閉じる