ニュース ライブスコア
アジアカップ

「満足ではない。でも最低限のことは…」遠藤航が無失点でのオマーン戦勝利を評価

11:52 JST 2019/01/14
2019-01-13 Wataru Endo

13日に行われ、1-0で勝利したアジアカップ2019のオマーン代表戦にフル出場した日本代表MF遠藤航は、この試合について振り返った。

前半の原口元気のPKによる得点で辛くも勝利したこの一戦を「満足ではないですけれど、最低限というところで、ゼロで抑えたというのがディフェンスとしては評価して良い部分かなと思います」と話した。

追加点を奪うことができなかったことについては「前半で2、3点を仕留められれば理想的な展開でした」と話した遠藤だが「1点取れたということは、僕ら後ろにとって大きかったです。後半はどちらかと言うと、前からプレッシャーを掛け続けるというよりは、自分たちもしっかりブロックを敷いて、あまり失点したくない戦い方をしました。ボールを持たれるシーンもありましたけれど、あそこをカウンターで仕留められればもちろん理想的な展開だったと思います。それでも、しっかりゼロで抑えたことは良かったと思います」と語った。

後半にはオマーン代表のカウンターを受け、ピンチになる場面もあったが、ボランチである遠藤が上手く対処したりとピンチを未然に防ぐ場面も見られた中、同選手は1点リードはリスク管理しやすい状況だったと話した。

「0-0だったらまたちょっと戦い方は変わっていたと思います。1点勝っているというところで、後ろも自分に対してしっかり残れという声がありました。僕もそれで良いと思いましたし、大事なのは失点しないことだったと思うので、あとは前が2点目を取ってくれるのを待ちながらやっていた感じです。大事なことは攻めているときのリスクマネージメントで、守から攻に変わったときに、自分のところでしっかりボールを受けて、それで前に運んでスルーパスだったり、チャンスメイクしていくというのができていたので、最初のポジショニングが良かったのかなと思います」

さらに、守備に重点を置いた後半の戦いについても言及。「どうしてもブロックを敷くと、ボールに行く意識が低くなってしまうので、そこのメリハリはつけないといけないです。ただゾーンを埋めているからOKではなく、行くところは行かないといけないです。あとはラフなボールに対してのセカンドボールだったり、そこで拾えないシーンがあったので、僕だったり、(柴崎)岳だったり、中盤の(南野)拓実のところで拾えればもっと良かったかなと思います」

「後半はちょっと動きが少なくなってしまったので、後ろで動かしてはいるけれど停滞していた感じはあったので、そこはどちらかというと、中盤の選手がより動いて、前と連動していくというのが課題かなと思います。前半はそんなに悪くなかったと思うので、ああいう良いイメージを常に持ちながらやるところと、あとはミスを恐れずにやっていけば良いと思います。ポジティブな雰囲気が今はあるので、それを続けながらみんなが少しずつフィーリングを良くしていければ良いのかなと思います」

格下とみられるオマーン代表に辛勝した試合で、チーム内には課題が残るものの、遠藤自身は良いフィーリングでプレーできたと話した。「そんなにやりにくさは感じていなかったです。大事なのは良いポジショニングを取って、シンプルにやるところはやる、運ぶところは運ぶ、そんなに難しいことはせずにやることを意識していました。良いポジションを取れれば良いところでボールを受けられるし、そんなにプレッシャーを感じずにプレーできると思うので、そこは意識していました」

そして、3戦目のウズベキスタン代表戦に向けてもコメントを残した。「選手的には2位狙いはしたくないし、目の前の試合に勝つことだけを考えてプレーすればいいと思います。メンバーをどうするかは監督が決めることで、選手はしっかり与えられたタスクをこなすことが大事だと思うし、スタメンから出る選手、途中から出る選手はしっかり決勝トーナメントに向けて、良いフィーリングでプレーできるかどうかというところが3戦目は大事だと思います。勝ちに行きたいと思います」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ