清水FW北川航也、2試合連続弾で好調をアピール「今シーズンで一番良い」

コメント()
©J.LEAGUE
FC東京で北川航也とドウグラスの2トップが躍動した清水エスパルス。

清水エスパルスは29日、明治安田生命J1リーグ第28節でFC東京と対戦。北川航也とドウグラスの2トップが躍動し、2-0の勝利を収めた。

前半は決め手を欠いてスコアレスで折り返した清水は、後半にリズムをつかむ。65分にドウグラスが得意の左足で強烈なシュートを放つと、これはGK林卓人が弾いたものの、詰めていた北川が頭で押し込んで先制点を奪った。

「ドグがシュートを打ったらGKがこぼすかなっていう感じもしていた」とゴールシーンを振り返った北川は「そこの反応と、そこにいることがまず大事かなと。上手く反応できた」と今季9ゴール目を喜んだ。

結果的に北川のゴールに直結するシュートを放ったドウグラスは、終盤にPA内で相手の反則を誘い、PKを獲得。これを自ら冷静に決めてチームは大きな追加点を手にした。

ドウグラスはFC東京戦が「厳しい試合になると予想していた」と振り返りつつ、「雨も降っていてグラウンドもスリッピーだった。予想通りの厳しい試合だったし、その中で僕たちが先に決めれて良かった。2点目も良いタイミングで取って勝利につながった」と勝因を述べた。

ドウグラスは3試合ぶりのゴールを決め、北川は2戦連続ゴール。前線がコンスタントに得点を奪えていることは、残り6試合に向けて非常にポジティブな材料となる。

現状は「今シーズンで一番良いなって感じている」と北川。「続けていくことが大事だと思うし、自分の成長が止まることのないようにさらに上を目指すだけ。努力をやめないように、常に高い意識持ってやっていきたい」と、さらなるゴール量産を誓った。

残留へ大きく前進する価値ある一勝。北川はこの勝ち点3は「非常に大きい」とし、次節に控えるジュビロ磐田との静岡ダービーに闘志を燃やした。

「本当に大事なのは次だと思う。昨季は2敗している相手なので。エスパルスにいる以上、ジュビロに負けてはいけないというのも教えられてきている。全員で勝ち点3を取れるように、自分が結果を残して貢献できるように準備するだけです」

清水は次節、10月7日にホームでジュビロ磐田とのダービーに臨む。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
“ヴェンゲルの子供達”による指揮官対決!ヴィエラ、盟友アンリとの対戦に「奇妙な感覚」
次の記事:
CLベスト16で対戦する蘇ったマンチェスター・Uを警戒も…カバーニが自信「僕たちだって良くなっている」
次の記事:
名将カペッロ氏が明言「インテルは100%、ユヴェントスのライバルになる」
次の記事:
横浜FM、ブラジル人FWを期限付き移籍で獲得内定 「この挑戦に全力を尽くしたい」
次の記事:
アーセナル、ハメス獲得へ? エジルの代役か
閉じる