ニュース ライブスコア
アジアカップ

海外組唯一合流の南野拓実、自らのステップアップはアジア杯で「優勝したうえでの話」

21:09 JST 2018/12/26
minamino.jpg

日本代表は26日、アジアカップに向けた国内合宿を千葉県内でスタート。海外組で唯一始動日から参加したザルツブルクのMF南野拓実が、アジアカップへ結果を求める強い姿勢を見せた。

16日にクラブでの年内最終戦を消化し、帰国していた南野は、シーズン前半戦は11ゴール・3アシストと目に見える結果を残した。しかし、本人は「個人としてはまだまだ全然」と厳しめの総括。

一方で「初めて代表とチームの両方でプレーして、移動とかいろいろあったんですけど、ケガをせず、しっかりアジアカップに臨むというのが1つのテーマだったので、それをきっちり両立しながらできたので、それは良かった」と成長を実感した部分も口に。もっと「数字の部分でもチームの貢献度とかはもっとこだわっていきたい」とさらなるレベルアップを志した。

アジアカップへ向けては「攻撃の選手なので、チームにゴールかアシストってところで貢献したいって気持ちは強い」と南野。「それ以外でも守備だったり、攻撃の起点になるとか、そういうところでもしっかりチームを助けられれば」と強く意気込んだ。

優勝した2011年のアジアカップでは、大会直後に長友佑都がインテルに移籍し、岡崎慎司はがシュツットガルトに活躍の場を移した。南野とってもアジアカップでの活躍が今後のキャリアにも大きく関わってくる可能性があるが、あくまでも「それは優勝したうえでの話」と、まずはチームとして優勝だけを目指すと誓った。

「サッカーなのでもちろんそういうことはあり得るということは理解している。そういうチャンスがあるのは分かっていますけど、だからこそ、チームとして優勝して終えることができればいいかなと思います」

「チームの勝利が僕的には一番。決勝を勝つことが一番だし、個人の賞とかありますけど、それは終わってからどうなっているか、分からないですけど、チームのために全力を尽くしたうえで(個人のタイトルが)あると思うので、まずはしっかり頑張っていきたい」

日本代表は30日まで国内で合宿を行い、年明けにUAE入りする予定だ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ