浦和に追い風?今季ACL7得点のアル・ヒラルMFが重傷…決勝第2戦は欠場へ

コメント()
Getty Images
ACL決勝で浦和と対戦しているアル・ヒラルのMFカルロス・エドゥアルドが前十字靱帯断裂の重傷を負った。

サウジアラビアのアル・ヒラルは20日、公式TwitterでMFカルロス・エドゥアルドの負傷状況を発表した。

アル・ヒラルは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦をホームで戦い、浦和レッズと1-1で引き分けた。この試合に先発出場したエドゥアルドは、前半に負傷交代。診断の結果、前十字靱帯断裂で手術を受けることになった。

エドゥアルドは、アル・ヒラルの攻撃の要を担うアタッカー。ポルトやニースといったヨーロッパのクラブでプレーした経験を持ち、準々決勝第2戦アル・アイン戦ではハットトリックを達成。今季のACLでは10ゴールで得点ランクトップに立つシリア代表FWオマル・フリービーンに次いで7ゴールを挙げていた。

決勝第2戦は25日の19:15に、浦和のホーム・埼玉スタジアム2002でキックオフされる。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる