注目のエル・クラシコは前半スコアレス…両GK好守披露で均衡崩れず

Cristiano Ronaldo Real Madrid Barcelona El Clásico LaLiga 23122017
Getty
エル・クラシコ前半が終了。

リーガ・エスパニョーラ第17節が23日に行われ、レアル・マドリーとバルセロナが対戦。前半が終了して0-0となっている。

レアル・マドリーはコンディションが不安視されたクリスティアーノ・ロナウドが先発出場。ガレス・ベイルはベンチとなり、リオネル・メッシ対策としてイスコではなくマッテオ・コバチッチが起用された。一方のバルセロナは戦前の予想通りで、サミュエル・ユムティティの代役にはトーマス・ヴェルマーレンが選ばれ、前線ではルイス・スアレスとメッシがコンビを組んだ。

序盤から素早いプレッシングでバルセロナを窒息させたレアル・マドリーが、テンポをつかむ。すると、コーナーキックからフリックしたところをロナウドがヘディングシュート。バーに当たりながら、ゴールラインを越えたがオフサイドの判定で先制点は生まれず。

その後も左サイドからの仕掛けを中心にマドリーがチャンスを作り続ける。しかし、バルセロナは右サイドからメッシの一本のパスからパウリーニョが裏を取ってボレー。強烈なシュートはケイロル・ナバスが指先で触り、難を逃れる。

直後にロナウドが左サイドを突破し、角度のないところからシュート。左足で隅を狙ったシュートは、マルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが足で防ぎ、均衡は保たれたまま。

40分にはクロスから再びパウリーニョが今度は頭で狙うものの、ナバスが横っ飛びでかき出した。負けじとマドリーも左サイドのクロスからカリム・ベンゼマがシュート。ニアに飛び込み、ファーへと流し込むことを試みたが、ポストに嫌われてしまう。

両チームチャンスがありながらも、GKの好守でスコアは動かず、前半サンティアゴ・ベルナベウに歓喜の雄叫びが響き渡ることはなかった。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる