決勝弾を挙げた東京VのDF平智広「失うものは何もないと思っていた」

コメント()
(C)J.LEAGUE

J1参入プレーオフ1回戦、大宮アルディージャ対東京ヴェルディが25日にNACK5スタジアム大宮で開催され、0-1で東京Vが勝利した。試合後、決勝弾を挙げた平智広が喜びのコメントを残した。

J2リーグ5位の大宮と同6位の東京Vが昇格を目指してプレーオフ1回戦で激突した。前半は7割近いボール保持率を記録した東京Vが大宮の倍以上のパスをつなぐなどイニシアチブを握ったが、ゴールレスで終了。後半には、59分に東京Vの内田達也が2枚目のイエローカードで退場に。しかし、東京Vは71分、左サイドで佐藤優平が蹴ったFKに正面で合わせた平がヘディングシュートを叩きこみ、一人少ない中で先行する。そして、そのまま逃げ切った東京Vが2回戦に進出している。

この試合で決勝弾を挙げただけでなく、気持ちのこもった守備で奮闘した平は試合後、「とにかく勝てて、すごく嬉しいです。相手がすごく引いて守備ブロックが堅くて、自分たちも手こずりました。セットプレーは前半からチャンスがあった。優平が良いボールを蹴ってくれたので触るだけでした」と振り返った。

さらに、平は「自分たちは6位でプレーオフに行けて、下からで失うものは何もないと思っていた。勝つことだけを考えてこの1週間、トレーニングをしてきました。10人ですごくみんなきつかったと思いますけど、退場した選手のためにも勝利できて嬉しいです」と、退場した内田のことも気遣った。

12月2日に行われる2回戦では、J1昇格プレーオフ決定戦の出場を懸けて、横浜FCとアウェーで対戦。「次も勝つことしか考えていません。頑張ります」と締めくくった頼れる男の活躍に引き続き期待がかかる。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
タイ代表MFティティパン、大分加入が内定「Jリーグでプレーすることは夢でした」
次の記事:
川崎F、19シーズンも主将は小林悠!副主将も同じ3人で「あまり頼りになるキャプテンではないけど…」
次の記事:
相手を脅威に陥れた室屋&伊東の国内組右サイド。ウズベキスタン戦の槍は新たな武器となるか?
次の記事:
攻守で支えるロバートソン、リヴァプールと新たに5年契約…2024年まで延長
次の記事:
韓国紙が森保Jの決勝T苦戦を予想。自国の優勝へは期待感「イランと日本を避けた最高の組み合わせ」
閉じる