残留の磐田、社長交代が内定…今季16位、PO出場の崖っぷちもJ1の座を死守

コメント()
©J.LEAGUE

ジュビロ磐田は10日、代表取締役社長の交代が内定したことを発表した。14日に開催予定の取締役会にて正式決定される。

磐田の運営会社である株式会社ジュビロの非常勤取締役であった小野勝氏が新社長に就任し、2015年より代表取締役社長を務めていた木村稔氏は、取締役、マネジメントアドバイザーとなる。

磐田は今季の明治安田生命J1リーグを16位でフィニッシュ。J1参入プレーオフ決定戦へまわったが、8日にJ2の東京ヴェルディを2-0で下し、4年連続のJ1残留を決めていた。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
セリエAの人種差別問題、伊サッカー連盟会長が厳しい対応へ…“即座に試合中断”を検討
次の記事:
アーセナルにこだます“不協和音”…敏腕スカウトが上層部と軋轢で退団か
次の記事:
「これからもPSGとともに…」カバーニ、チェルシー行きが報じられるもフランスで幸せと強調
次の記事:
“ヴェンゲルの子供達”による指揮官対決!ヴィエラ、盟友アンリとの対戦に「奇妙な感覚」
次の記事:
CLベスト16で対戦する蘇ったマンチェスター・Uを警戒も…カバーニが自信「僕たちだって良くなっている」
閉じる