殊勲の1G1A、横浜FM・天野純「逆転優勝へ大きな勝利」…ゴール後のピースは「恥ずかしい(笑)」

コメント()
(C)Getty Images for DAZN
首位の鹿島アントラーズを下して3位に浮上した横浜F・マリノス。チームの2点目を挙げたMF天野純が試合を振り返った。

21日に明治安田生命J1リーグが行われ、横浜F・マリノスが首位の鹿島アントラーズに3-2で勝利した。チームの2点目を挙げたMF天野純が試合を振り返った。

「泥臭い勝利ですけど、4年間勝ててなかったっていう歴史を塗り替えれて良かった。あれだけサポーターも来てくれたんで、今日の一勝は逆転優勝を目指すうえでもすごい大きな勝利」と首位・鹿島から手に入れた一勝の重みを説く天野。

開始3分に天野のCKから伊藤翔が頭で合わせて先制した横浜FM。さらに14分、敵陣でのハイプレスから天野がボールを奪取し、そのままゴールに流し込んだ。天野はこの試合で1ゴール1アシストの活躍を見せた。

先制点となった伊藤のゴールは天野の正確なプレースキックから生まれた。「この1週間のなかで蹴り方を調整してみたりとかそういう工夫はしていた。やっと形というか、中にいる選手と自分のキックがフィットしてきた」と練習の成果を挙げた。

さらに、自身の先制点について、相手がパスミスするところは、試合前から狙っていたようだ。「自分のプレスがしっかりハマって、キーパーと1対1になって、冷静に流し込みました」とゴールシーンを振り返る。ゴール後のパフォーマンスはカメラに向かってのピースサインだった。これについて聞かれると「なんでピースしたんだろ…。調子乗っちゃいました。恥ずかしいです。いい歳して(笑)」と話し、記者の笑いを誘った。

鹿島の独走を間際で阻止した横浜FMはこれで3位に浮上。逆転優勝の可能性も残した。

「とりあえず鹿島の独走はどこかが止めないといけないと思ってたんで、それが自分たちでありたいと思ってたし、それが実現できて良かったです」

閉じる