武藤嘉紀所属のニューカッスル、1月移籍市場開幕までに売却へ…オーナー「交渉はかなり進んでいる」

コメント()
Getty Image
残り1カ月程度しかないものの、アシュリー氏は売却が完了できる可能性があると自信をのぞかせた。

武藤嘉紀が所属するニューカッスル・ユナイテッドのオーナー、マイク・アシュリー氏は、2019年1月までにクラブを売却したいと話した。

クラブへの投資の少なさにサポーターから批判を浴びてきたアシュリー氏は10月、ニューカッスル売却の意思があるものの、買い手がついていないと明かしていた。そんな中、3日に『スカイスポーツ』の番組に出演した同オーナーは、来冬の移籍市場が始まるこの1カ月の間にクラブが他人の手に渡る可能性が十分にあると言及した。

「1月の移籍市場が始まるまでに売却したい。現実的かって?十分に可能性がある。現実的なんてとても強いワードだ。ただ、この調子で交渉を進めていき、成立すると願っている。交渉は今までにないぐらいに進んでいる」

また、1月の移籍市場で補強資金を拠出できる買い手以外は受け付けてないというアシュリー氏は「正しい買い手にクラブを売却したい。そうなればみんながハッピーだ」とコメントした。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる