ニュース ライブスコア
親善試合

槙野智章、若手世代の気概に喜び「自分が先頭にって気持ちが芽生えるのはいい傾向」

8:12 JST 2018/10/09
180908_makino_2-goal

日本代表は8日、新潟でキリンチャレンジカップ・パナマ戦へ向けた合宿をスタートさせた。

新潟のデンカスワンフィールドでの合宿初日の練習では、長友佑都や吉田麻也、酒井宏樹、中島翔哉、南野拓実が未だ合流していないために不参加に。初日の練習ということもあり、コンディション調整の軽めのトレーニングとなった。

チームでは年長者の1人である槙野智章は、若手選手の意気込みを嬉しく思っているという。

「自分たちが引っ張っていきたいっていうコメントをしてるのを読ませてもらいました。それはすごく嬉しかったですし、そういう若い選手から自分が先頭に立ってやりたいっていう気持ちが新しい代表で芽生えてるっていうのはすごくいい傾向だと思います。いつまで経っても上の世代の選手たちが引っ張るって形ではなくて、下の選手たちがいい刺激、いい風をこのチームに吹き込んでほしいなと思います」

「年齢関係ないと思いますので、そういう意味では北川(航也)選手が来ましたけど、新しく追加で呼ばれた選手たちもそういう思いでやってほしいなと思う。非常に若さ溢れるフレッシュな面々が揃ってますんで、いいんじゃないかなと思ってます」

前回の代表ウィークでは、森保一監督初采配となったコスタリカ戦で3-0と快勝した日本代表。槙野はいい印象を与えられたとしつつ、だからこそさらに成熟しなければならないと語った。

「前回の合宿で国民のみなさんとか、現役の選手たちにもすごくいい印象を与えたんじゃないかと思ってます。これでまたメンバーが少し変わってヘンなゲームをしてしまうと、またつかみかけていたファンっていうのは離れて行ってしまいますので、前回よりももっと成熟度を増したいいサッカーを展開しないといけないと思っています」

そして、目標について問われ「大きくは次のカタール・ワールドカップをめざしてやりたいってのはありますけど、自分の中では毎年毎年が区切りで、できることをやろうと、最大限今自分ができることをやろうと考えています。もちろん4年後は目指しますけどね」と語っている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ