ニュース ライブスコア
アジアカップ

槙野智章「僕らも学ぶものがあった」…18歳・菅原由勢とのコンビに刺激

19:19 JST 2018/12/30
180908_makino_2-goal

AFCアジアカップUAE2019に向け、国内で調整をしている日本代表。30日は、東京五輪世代のサポートメンバーと混成チームで、流通経済大学と練習試合を行った。勝利を収めたものの、低調な試合内容。しかし、DF槙野智章は「チームとしてよりも、1人1人のコンディションを上げるってことがテーマ」と、監督からも言われたと話し、ケガをしないことの方が大事だと強調した。

槙野が所属する浦和レッズは天皇杯で優勝。明治安田生命J1リーグ終了後の12月9日まで公式戦を戦っていた。それでも、コンディションは「まだまだですね」と話す。「1日でも休めば、ボールタッチの感覚とか、いろいろな感覚がちょっと鈍ってしまう」と説明する槙野。だが「みんなしっかり、やるべきことをやってます」と続け、1月9日に行われる初戦・トルクメニスタン代表戦までには、ほかの国内組も含め、さらにコンディションを上げられると語った。

センターバックのポジション争いは激しさを増している、また、30日の練習試合では18歳の菅原由勢(名古屋グランパス)と、コンビを組んだ。その点について聞かれると「総力戦。自分が出る出ないに関わらず、選ばれた23人がまとまって戦うことが大事」と回答。菅原の印象については「自分が18歳の時にA代表のキャンプに来て、これぐらいできたかと言えば、できなかっただろう。僕らも学ぶものがあった」と、刺激を受けた様子だ。

「下の世代の選手たちも、少なからずチャンスがあると思うことは良いこと。それを生かすのも自分次第」

A代表と五輪代表。両方のチームを率いる森保一監督の試みは、ポジティブに働いているようだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ