日本代表、MF三笘薫ら東京五輪世代6名がトレーニングパートナーとして国内合宿に参加

コメント()
©Getty Images

日本サッカー協会(JFA)は25日、26日から30日まで千葉県内で行う日本代表のトレーニングキャンプに、6名のトレーニングパートナーが参加することを発表した。

Jリーグへやってくる可能性も?2019年に契約満了となるトッププレーヤーたち

今回トレーニングパートナーに選ばれたのは、MF三笘薫(筑波大学)、FW旗手怜央(順天堂大学)、FW上田綺世(法政大学)、MF伊藤洋輝(ジュビロ磐田)、DF菅原由勢(名古屋グランパスU-18)、DF小林友希(ヴィッセル神戸U-18)の6選手で、全員が東京オリンピック候補の顔ぶれとなった。

神戸U-18の小林はクラブを通じ、「この度、トレーニングパートナーに選出され非常に嬉しく思います。A代表の空気や意識の高さ、レベルの高さを肌で感じ、自分の世代に経験を伝えられるようにしたいです。また、今、自分が持っている100%の力を出し、色々なものを吸収して成長できるように頑張ります」とコメントしている。

日本代表は年明けにUAE入りし、9日にアジアカップ初戦のトルクメニスタン戦を迎える。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

【オリンピック特集】ファン必見!注目記事・動画まとめ
※記事はIOC公式サイト『Olympic Channel
【動画】サッカー リオ五輪ベストゴール集
【動画】サッカー リオ五輪決勝ブラジル対ドイツ フルマッチ
【動画】サッカー 北京五輪決勝ナイジェリア対アルゼンチン フルマッチ
【動画】サッカー バルセロナ五輪決勝ポーランド対スペイン フルマッチ

Goal-live-scores

閉じる