日本代表の「やりたいサッカー」でW杯で勝てるのか?田嶋会長は手応えも見えぬ光

コメント
日本代表は8日、スイスとの国際親善試合で0-2と敗れた。田嶋会長は手応えを口にしたものの、ピッチ上での光明はなかなか見えてこない。

日本代表は現地時間8日、国際親善試合でスイスと対戦。西野朗監督体制になり、2戦目となる試合で勝利を目指したが、見せ場を作ることができずに0-2で敗れた。

JFA(日本サッカー協会)の田嶋幸三会長はスイス戦のハーフタイムにNHKの中継に出演。日本代表のサッカーに関して「西野監督がやりたいサッカー、やろうとしてるサッカーが攻撃面、ディフェンス面で見えてきています。中盤コンパクトにしてボールを奪おうとするところが見えてきた」と戦いぶりを評価した。

しかし、前後半を通じて攻撃面で決定機を作るシーンは見られず、5月30日のガーナ戦に続いて無得点による敗戦となった。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督時代に比べると守備がコンパクトになり、ボールを繋ぐシーンは増えたように見受けられるものの、肝心のゴールにつながるイメージが湧くシーンはほとんど見られなかったというのが実情だ。

田嶋会長は「非常にやろうとするサッカーが見えることはありがたいので、もっと精度を上げていってほしい。0-1で負けていることを意識して、どう戦いを変えてくるのか、選手がアピールすることも大切だと思っています」と後半の期待を寄せていたが、結果は追加点を奪われての敗戦に終わった。

ハリル監督は縦に速いサッカーを目指し、ゴールに直結する動きができるチーム作りを進めていた。一方、現在の日本はつなぎを重視し、ボールを回すシーンは作れている。もっとも、そこからどう崩していくか、という具体的な打開策は少なくとも試合の中で表現できていない。日本の「やりたいサッカー」の形ができてきているのだとしても、それでゴールを生み出したり、試合に勝ったりする場面を作れるかどうかは不透明だ。

日本代表に残された時間はパラグアイ戦と、直前の合宿のみ。本番までに、残された時間は本当に少ない。

Goal_worldcup_article_banner

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
堂安律の躍動と遠藤航との連係。酒井宏樹は手応え「感触はすごく良かった」
次の記事:
ドイツの憂鬱は続く…天敵グリーズマンに2発でフランスに逆転負け、公式戦4試合勝利なし/UEFAネーションズリーグ
次の記事:
地に足着ける大迫勇也、若手の勢い認めるも「経験ある選手がいてからこそ」
次の記事:
新世代組だけじゃない!遠藤航、成長と飛躍への誓い「自分を試したい。満足できない」
次の記事:
バルセロナ、2019年夏のアジアツアー実施が決定!日本でイニエスタと再会あるか…
閉じる