ニュース ライブスコア
川又 堅碁

日本のストリートフットボールプレーヤーNo.1が決定!! 中村俊輔や川又堅碁らも特別ゲストとして登場

13:00 JST 2018/06/18
06.16_TANGO LEAGUE_07
ロシアワールドカップと時を同じくし、6月16日に都内でストリートフットボーラーの国内No.1選手を決めるフットボールイベント「TANGO LEAGUE TOKYO FINAL 2018」が開催された。

「TANGO LEAGUE(タンゴリーグ)」は16歳から25歳のストリートフットボーラーが集うリーグ戦で、東京で2017年よりスタート。今回行われたTANGO LEAGUE TOKYO FINAL 2018では、予選リーグを勝ち上がった4チームがトーナメント形式による決勝戦を戦った。

またチームだけでなく、それぞれの試合で活躍した選手の中から国内におけるストリートフットボールプレーヤーNo.1を決定し、選ばれた1名の最優秀選手はロシアで開催される世界大会「TANGO LEAGUE FINAL」への出場権を手にすることができる。

トーナメント戦は予選リーグから圧倒的な強さを見せていた「ZOTT WASEDA(ゾットワセダ)」が全勝で優勝を決め、またロシアへの切符を手に入れたのは「P_LEAGUE U25」に所属する千坂奎(ちさかけい)選手に決定。

またこの日、特別ゲストとしてイベントに来場した現役のJリーガー、川又堅碁(ジュビロ磐田)、飯倉大樹(横浜F・マリノス)、榎本哲也(浦和レッズ)と、横浜F・マリノスなどで活躍した坂田大輔氏、天野貴史氏という強力な選手たちが「俊輔FIVE」が結成。TANGO LEAGUEで目立った活躍を見せた優秀な選手たちとエキシビションマッチを実施した。結果は「俊輔FIVE」の勝利となったが、足首の手術の影響により解説を務めた中村俊輔もストリートフットボーラーたちのプレーを絶賛。

最新スプリントスパイク『X 18』を着用し、 スピード感溢れる見事なボールさばきを見せた最優秀選手に選出された千坂選手は、「自分は細かい技術より、気持ちで勝負するタイプなので、自 分の良さを出して世界大会でも頑張りたい」と意気込みを語った。