新記録樹立したC・ロナウド、CL直近11試合で19得点...2017年においてはリーガ以上の得点数

コメント()
2017年リーガエスパニョーラでは17ゴール

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドが、またも快挙を成し遂げた。

C・ロナウドは6日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第6節ボルシア・ドルトムント戦(3-2)でチームの2点目を挙げた。これにより、今季CLグループステージ全試合で得点するという記録を達成している。

C・ロナウドの得点の内訳はグループH第1節アポエル戦(2得点)、第2節ドルトムント戦(2得点)、第3節トッテナム戦(1得点)、第4節トッテナム戦(1得点)、第5節アポエル戦(2得点)、第6節ドルトムント戦(1得点)だ。6試合で9得点を挙げ、現在CL得点ランクで堂々首位に立つ。

2017年に限っては、C・ロナウドはリーガエスパニョーラ以上にCLで得点を記録している。リーガでの17得点に対して、CLでは11試合19得点だ。ポルトガル代表FWは得点力が錆び付いていないことを証明している。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
ベルルスコーニ氏所有のモンツァが監督解任…チーム再建へ元ミラン指揮官を招へい
次の記事:
ローマ指揮官、西村所属CSKAモスクワとの2連戦へ意欲「才能ある選手がいるが…」
次の記事:
イカルディ、バルセロナのメッシ不在で「互角になる。クオリティが僕らには備わっている」
次の記事:
ACL“究極のサポーター”コンテスト、鹿島の女子サポ岩崎さんが最終エントリーに残る。ぜひ投票を!
次の記事:
苦境のモウリーニョ、同じく不振の古巣レアル復帰を否定「私の将来はユナイテッドにある」
閉じる