新世代が結果を残す!日本代表、南野&伊東弾など3発快勝…森保ジャパン2戦連続3-0で連勝

コメント()

キリンチャレンジカップが12日に行われ、日本代表はパナマ代表と対戦した。

先月、森保一監督体制の初戦でコスタリカ相手に3-0と快勝した日本代表。新世代の中心を担うと目される中島翔哉や堂安律らが躍動し、4年後のカタールW杯へ向け素晴らしいスタートを切った。

森保ジャパンにとって2戦目の相手は、今夏のロシア大会で史上初めてW杯出場を果たしたパナマだ。森保監督は、中米の雄相手にロシアW杯で主力を務めた選手たちを数名招集。そして、大迫勇也や原口元気などを先発起用している。

守護神は前回の招集では出番がなかった権田修一が務め、4バックは佐々木翔、槙野智章、冨安健洋、室屋成が形成。中盤は主将の青山敏弘と三竿健斗が組、2列目には伊東純也、南野拓実、原口元気が入り、1トップはブレーメンでも好調の大迫勇也が務めた。

試合序盤は、日本がボールを保持する展開に。開始1分でエリア内にパスを送るなど、良い入りを見せる。中盤底の選手1人が2CBの間に落ちることで、ボールを保持することには成功する。

なかなかチャンスまでは至っていなかったが、18分に南野のパスから大迫がエリア内で受け、この試合初めてのCKを獲得。南野のボールに富安が合わせたが、ここは相手にあたって枠を外れた。

23分にはこの試合初めてのビッグチャンス。青山のパスに反応した室屋がDFラインの背後に抜け出してエリア内でフリーとなり、グランダーのクロスを送ったが、ここはシュートまで持ち込めない。25分には大迫がエリア手前でファールをもらい、FKを獲得。しかし、南野のキックは枠を外れている。

その後もボールを持つ日本だが、パナマのブロックに苦しみゴール前になかなか運ぶことができない。39分に大迫抜け出しから最後はエリア内で南野が受けたが、ブロックに阻まれている。

なかなか打開できなかった日本だったが、42分についに先制。中盤でカットした青山が最前線の南野に送ると、見事な反転からエリア内に侵入し、冷静にGKとの一対一を制した。

前半はこのまま終了。日本は1点リードで折り返した。

『Opta』のデータでは前半60%以上のポゼッションを記録した日本は、後半キックオフ直後に三竿がシュートを放つ。さらに4分には大迫もエリア外からねらった。

しかし56分、中盤でパスをカットされ、右サイドを突破されるとフリーでクロスを許したが、ここは相手が合わせきれずに事なきを得た。後半から積極的に前へ出るパナマにゴール前の侵入を許す場面も増えていく。

それでも66分、日本は追加点を奪う。原口の仕掛けから南野がエリア内で受けると、前を向いてシュート。ここはGKにセーブされたが、こぼれ球を伊東が押し込んでいる。

2点目を唸った直後、森保監督は2枚替え。ゴールを決めた南野、そして大迫を下げ、川又と北川を投入。北川は日本代表デビューを飾った。

ゴール、そして交代策で流れを掴んだ日本は、その後もゴール前に近づくシーンが増えていく。69分には、原口がカットインからシュートを放ったが、パナマGKの好セーブにあっている。73分には、右サイドを連携で崩すと、エリア内に侵入した室屋がクロス。そのプレーで得たCKに槙野が合わせたが、枠外に外れていった。

良い流れの日本だったが、77分にアクシデント。相手との競り合いの中で伊東が足首を捻って負傷。担架でピッチを後にし、代わりに堂安が投入された。

85分には3点目。カウンターから原口がドリブルで持ち運ぶと、相手をひきつけてラストパス。受けた川又は倒れ込みながらも押し込み、ネットを揺らしている。

リードを3点に広げた日本は、その後柴崎らを投入。試合をコントロールしにいく。スコアはそのまま動かず、試合は終了。日本は、南野や伊東といった新世代の活躍で勝利を飾り、コスタリカ戦に続いて3-0で連勝を飾っている。

この後、日本代表は16日に埼玉スタジアム2002で、FIFAランキング5位の強豪ウルグアイと対戦する。

■試合結果
日本 3-0 パナマ

■得点者
日本:南野(42分)、伊東(66分)、川又(85分)
パナマ:なし

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
「狂ったように喜ばない」スタンフォード・ブリッジ凱旋を前にモウリーニョがリスペクトを誓う
次の記事:
ベニテス「クビを恐れることはない」リーグ戦未勝利も次節からの巻き返しに意気込み
次の記事:
批判に晒されるモウリーニョを擁護するサッリ「彼はもっと敬意を払われるべき」
次の記事:
フローニンゲン指揮官が日本代表で活躍の堂安律を称賛「代表で良いプレーをしていた」
次の記事:
原口元気&浅野拓磨は次節に向けて「問題なし」…ハノーファー指揮官、選手たちの状態に言及
閉じる