「控室で主審を恥さらしと罵った」FAがヴェンゲルの“愚行”と処分理由を公開

コメント()
Getty Images
3試合ベンチ入り禁止のフランス人指揮官はWBA戦後の控室で愚行に及んだようだ。

イングランドサッカー協会(FA)がアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督に重い処分を科した理由を公表した。

12月31日のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦で、ヴェンゲル監督は終了間際にPKを与えた主審のマーク・ディーン氏に対して「不適切な振る舞い”」行い、さらに試合後にレフェリー控室に乗り込んだとして3試合のベンチ入り禁止と4万ポンドの罰金処分を受けている。

そしてFAは16日、年末の試合でヴェンゲル監督が主審やオフィシャルにとった言動の詳細と処分理由を公開。ディーン主審の試合後のマッチレポートには、68歳のフランス人指揮官の“愚行”が記されている。

「試合後に控え室に入ると、ヴェンゲル氏がドアの向こう側に立っていた。彼は非常に攻撃的で、私の面と向かって『あなたは誠実ではない』と言ってきた」

「私が『私が不正をしたとでも言いたいのか?』と言うと、彼は同じことを繰り返し言い続けた。さらに『以前からこのようなことを我々にしてきた。恥さらしだ』と食って掛かってきた。彼はその直後にウェストブロムのセキュリティーに連れていかれた」

ヴェンゲル監督は、2-4で敗れたFAカップのノッティンガム・フォレスト戦、0-0で分けたリーグカップのチェルシー戦、1-2で逆転負けを喫したボーンマス戦の3試合で処分を消化。20日のクリスタル・パレス戦からベンチ入りが可能になる。

▶プレミアリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

次の記事:
バロテッリと酒井宏がチームメイトに! マルセイユが獲得を公式発表
次の記事:
ユヴェントス、ダルミアン獲得は断念か…カギとなる25歳MFが退団を拒否
次の記事:
搭乗飛行機行方不明のサラに元ナント指揮官ラニエリが祈り「サッカー界が団結するとき」
次の記事:
柴崎岳、準々決勝で対戦するベトナムを警戒「ここまで上がってくるだけの力がある」
次の記事:
「チャレンジャー精神で臨む」森保監督、ベトナム代表を高評価。「明日も厳しい試合になる」
閉じる