ニュース ライブスコア
プレミアリーグ

年間42ゴールも…劣等感を抱き続けるケイン「評価が間違いだと証明するためにプレーしている」

11:45 JST 2019/01/01
Harry Kane Tottenham 2018-19
イングランド代表FWは世界最高の1人になるために努力を続けていると話した。

トッテナムのストライカーであるFWハリー・ケインは、間違った考えを改めさせることが当面の目標だと話した。

2018年、トッテナムとイングランド代表で活躍したケインは、63試合で42ゴールをマークするなど圧倒的なパフォーマンスを披露。主将としてイングランド代表を28年ぶりのワールドカップベスト4に導き、自身も大会得点王に輝く。さらに、トッテナムでもトップスコアラーとして好調を続けるチームを支える。

数年前からコンスタントにトップフォームを維持するケインだが、まだまだ自分自身の能力を証明する必要があると感じているようだ。イギリス『テレグラフ』にブレイクする前からのモチベーションなどについて語った。

「フットボーラーにはそれぞれ異なる道がある。何人かの選手は比較的若い段階から頭角を現し、持っているスキルとタレントを証明し続けている。僕? 僕はここから離れて、ローン先(レイトン、ミルウォール、ノリッジ、レスター)で自分自身を証明し、その後チームに戻ったけれどベンチを温めざるを得ないこともあった。そして、ようやく得たチャンスで自分の能力を証明し、今のレベルにまで辿り着いた」

「これまでのキャリアで、僕は僕の力に疑問を抱く人々が間違いだと証明し、不満とともにプレーしなければならなかった。内から湧いてくる何かがモチベーションとなり、僕のベストを引き出した。僕は最高のレベルに到達したいと夢見る人間だ。低い目標を設定するよりも届かない目標を目指したい。これからも世界最高の1人になれるように全てのことをやっていきたい。これが僕に必要な考え方だ」

一方で、クロアチア代表に敗れたワールドカップ準決勝の悔しさは今でも晴れないようだ。しかし、イングランド代表はこれからさらに成長できると確信していると話した。

「あのことに今でも心が痛む。でも、2年後(ユーロ2020)、4年後(2022年ワールドカップ)にこの経験を活かしたいとみんなが感じている。ただ、このことはキャリアの最後まで付きまとうだろう。僕だけではなく、ファンにとっても決して忘れることのできない経験だ。これから20年にわたってこれが最高の大会にならないことを願っている」

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ