ニュース ライブスコア
明治安田生命J1リーグ

川崎フロンターレMF三好康児、リーグ戦初ゴールは「自分の思い通りだった」

19:55 JST 2017/10/21
2017-10-21-miyoshi.jpg
サンフレッチェ広島相手にリーグ戦初ゴールを挙げた川崎フロンターレMF三好康児が試合を振り返った。

川崎フロンターレは21日に行われた明治安田生命J1リーグ第30節で、サンフレッチェ広島に3-0で勝利した。雨が降りしきる中、アウェイで3連勝を収めて首位の鹿島アントラーズへプレッシャーをかけている。この試合で2点目を挙げた川崎FのMF三好康児が試合を振り返った。

家長昭博を出場停止で欠く川崎Fは、この試合で三好を起用。「自分の特徴を出さなければ試合に出ている意味がないですし、シュートに行く、決定機を作るっていうところを1番意識して入りました」と引き締まった表情で振り返る。

三好はこの試合でリーグ戦今季初ゴールをマーク。「シュートはまずミートするというところ、グラウンドがスリッピ―というのもありましたし、当てれば速いボールがいくなって思ってたので、コースは思った以上に良かったですけど、当てるっていう部分では自分の思い通りだった」と狙い通りのゴールであったことを説明。

その三好の追加点は中村憲剛からのパスだった。「憲剛さんが見てくれてたので、来るなと思ってましたし、その後は、憲剛さんもそのまま抜けてくれてたので、出すっていう選択肢もありながら、前を向いた時に相手が一歩下がったので、シュートいけるなと思って、思い切っていきました」とゴールシーンを回想した。

3ゴールを挙げて勝利した川崎Fだが、特に後半は広島に攻め込まれるシーンが多かった。
「良い時間じゃないときもありましたけど、守備陣がしっかりゼロで抑えてくれてたので、自分たちは攻撃に入った時に必ず点取るっていうところを意識してやっていた」

川崎Fは残り4試合で逆転優勝を目指しての戦いとなる。三好は残り4試合について「自分たちはもう勝ち続けることで上にプレッシャーをかけるしかないですし、自分たちが勝つっていうことで、鹿島はプレッシャーを感じると思うので、逆転するチャンスは必ずあると思いますし、勝ち点3を毎試合取るためにいい準備をしなければいけない」と気を引き締めつつ、今後の展望を語っていた。