室屋成が伊東純也との連係を語る。酒井宏樹へのプレッシャーについては…

コメント()
(C)Getty Images
室屋成がパナマ戦後、自身のパフォーマンスについて言及した。

日本代表は12日、デンカビッグスワンスタジアムで開催されたキリンチャレンジカップ2018でパナマ代表と対戦し、3-0で勝利した。試合後、この試合で先発した室屋成が報道陣の取材に対応した。

日本は南野拓実と伊東純也のコスタリカ代表戦に続く2試合連続弾、そして川又堅碁がゴールを記録。2試合連続で3-0の完封勝利を収めた。

試合後、室屋はパフォーマンスについて、「前半から得点もできて、うまくコントロールできたんじゃないかなって思います」と一定の満足感を示し、自身のプレーにも言及。攻撃面について、「何度か攻撃の部分でもチャンスがありましたし、惜しい場面を作れたんですけど、アシストだったり、ゴールに絡めたら最高だった」と振り返った。

また、右サイドでコンビを組んだ伊東純也との連係について、両者ともに縦への推進力があるタイプであることを問われると、「そんなにギクシャクした感じはなかった」と共存に問題はなかったことを強調。「今日の試合に関しては、時間がない中で、連係を取りながらできた。そこはすごく良かったと思います」と話した。

また、コスタリカ戦に続く出場について問われると、「僕自身、慣れてきたというか、監督が求めていることをやれるようになってきた。この前よりも理解できてきたっていう感覚はあります」と自信をつけている様子だった室屋。同じ右サイドバックである酒井宏樹にプレッシャーをかけることができているのではないかとの問いには「いや、それはまだ全然ですね」と謙遜した24歳だが、着実に歩を進めている。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
1トップは北川!日本代表が4強懸けたベトナム戦のスタメン発表!負傷明けの大迫は温存
次の記事:
札幌、河合竜二が引退を発表…フロントスタッフ就任へ「今、目の前のことを全力で」
次の記事:
驚異のシャビ、アジア杯の大会前予想で8強の7カ国を的中。日本代表は決勝進出を予想も…
次の記事:
ベトナム国内の盛り上がりは最高潮…国営TVの日本戦広告料はロシアW杯決勝並みに
次の記事:
「日本のレベルは高いが…」ベトナムメディアが指摘する森保ジャパン3つの弱点
閉じる