存在感発揮した守田英正だが…課題口に「最後で自分の特徴を出せなかった」

コメント()
(C)Getty Images
フル出場で存在感を見せた守田だが、課題をまずは口にしている。

日本代表で初めての先発出場を飾り、存在感を発揮した守田英正だが、まずは課題を口にした。

守田は20日に行われたキルギス戦で先発フル出場。後半には大迫勇也のゴールの起点となる縦パスを送るなど、随所に存在感を発揮した。森保一監督へのアピールに成功した90分となったと言えるが、守田は「欲を言えば」と話し、課題を挙げる。

「最後のゲームメークという部分においては10分間、落ち着かせることができなかったし、攻撃をしないというか、前にいかないにしろ、ボールを保持して時間を作ることもできたし、そういうところで最後、自分の特徴を出せなかったかなと思います」

さらに、味方との連携に改善の余地があるとし、次の戦いに期待を寄せている。

「もうちょっと前を信じるというか、自分がその後のことを考えすぎて、前の選手はパスが欲しかったというリアクションを取る選手もいましたし、そこはすり合わせていかないといけないし、ぱっとできるところじゃないと思います。ただ、今日の試合でつかめたところはあるので、次かなと思います」

川崎フロンターレでのルーキーイヤーから日本代表招集と、着々と成長を見せる守田。アジアカップでさらなる一歩を踏み出すことになるのか、今後も注目が集まる。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

閉じる