大勝のレアル・マドリー、C・ロナウド&ベンゼマはゴールの呪縛から解放される

コメント()
Getty images
アポエル戦で2得点ずつ

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドとカリム・ベンゼマが、ゴールの呪縛から解放されている。スペイン『マルカ』が伝えた。

マドリーは21日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループH第5節でアポエルに6-0と大勝した。ベンゼマとC・ロナウドはそれぞれ2得点を記録している。

広告

ベンゼマは10月14日のヘタフェ戦以降、6試合ノーゴールが続いていた。CLで最後に得点を挙げたのは、2月15日のナポリ戦だった。欧州最高峰の大会での279日ぶりの得点後、ベンゼマはジネディーヌ・ジダン監督と厚い抱擁を交わした。

一方、C・ロナウドはCLでは変わらない決定力を示している。今季リーガエスパニョーラで1得点と不調のポルトガル代表FWだが、アポエル戦の2得点で今季CLでの得点数を「8」に積み上げて大会得点ランクの首位を快走。直近のCL10試合で18得点と驚異のペースで得点を量産している。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる