唯一のゴールを挙げた原口元気、内容面に厳しい言葉「このままでは決勝トーナメントで勝てない」

コメント()
(C)Getty Images

日本代表は13日、アジアカップ2019グループF第2節でオマーン代表と対戦し、1-0で勝利した。グループステージ突破を決めた試合直後、原口元気がTVのフラッシュインタビューでコメントを残した。

第1戦のトルクメニスタン代表戦を3-2で勝利した日本は、槙野智章と負傷の大迫勇也に代えて遠藤航と北川航也をスタメンで起用。序盤から立て続けに決定機をつくった日本は28分、原口元気が自身が獲得したPKを冷静に決めて先制点をもたらす。迎えた後半、追加点を狙う日本は北川航也に代えて武藤嘉紀を投入するなど活性化を試みるが、なかなか2点目が遠い。それでも、最後までこの1点リードを保ったまま試合を終えた。

試合後、この試合で唯一のゴールを挙げた原口だが、「勝ちましたし予選は突破しましたが、内容的には良くなかったです…。前半は非常に良かったですが、なかなかチャンスで決めきれずペースは相手に移った。後半はなかなかペースを戻すことができなかったですね」と、内容面に満足していないことを強調。続けて、「このままでは決勝トーナメントで勝てないと思います。もう一度、チームとしても個人としても精度を上げていかなければいけないと思います」と、厳しい言葉を残した。

第3戦のウズベキスタン代表戦に向けては、「1位で突破するのが僕らの目標なので3戦目もしっかりと勝ち点3を取ること、より精度を上げてプレーしたいと思います」とコメント。全勝で決勝トーナメントに入ることを見据えた。

決勝トーナメント進出を決めた日本は、17日に行われるグループ最終節でウズベキスタンと対戦する。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
アーセナル、敏腕スカウトの退団が決定…過去には香川真司やオーバ、デンベレらを“発掘“
次の記事:
「もっと良くならなければ…」ソン・フンミンが辛勝でベスト8進出のチームを鼓舞
次の記事:
行方不明のFWサラに父が悲痛のコメント「絶望している。言葉がない」
次の記事:
元日本代表MF稲本潤一、新天地は相模原に決定!「自分の経験や知識の全てをいかして、勝利に貢献したい」
次の記事:
死闘制して準々決勝も、韓国メディアは自国の戦いに辛辣「90分で勝ち切れる相手に…」
閉じる