名古屋DF新井一耀が全治6~8カ月の重傷…横浜FMから期限付き移籍で加入

コメント()
名古屋グランパスのDF新井一耀が左膝前十時靭帯損傷・内側側副靭帯部分損傷・内側半月損傷と診断された。

名古屋グランパスは12日、DF新井一耀が9日に行われた明治安田生命J2リーグ第32節・大分トリニータ戦で負傷したと発表した。

新井は大分戦の58分、負傷により交代。その後、MRI検査を行い、左膝前十時靭帯損傷・内側側副靭帯部分損傷・内側半月損傷と診断された。全治までは6~8カ月を要する見込みとのこと。

新井は千葉県出身の23歳で、8月に横浜F・マリノスから期限付き移籍で加入。新井は加入後、フル出場を続けていた。

次の記事:
クラブ史上最低の得点力…レアル・マドリー、8時間1分の無得点記録を樹立して敗戦/リーガ第9節
次の記事:
齋藤学、苦しみ続けて今季初ゴール「今日がラストチャンスだと思っていた」
次の記事:
【動画】清武のボレー弾でC大阪が4試合ぶり勝利! FC東京はホームで痛恨の敗戦/J1第30節
次の記事:
首位川崎、イニエスタとポドルスキ共演の神戸を逆転で5発粉砕…独走態勢か/J1第30節
次の記事:
本田圭佑、メルボルンでデビュー弾も報われず…逆転でダービー戦黒星
閉じる