ニュース ライブスコア
日本

吉田麻也、監督交代も意識するのは積み重ね「縦への速さも人への強さも…」

8:02 JST 2018/05/30
2018-05-30-maya-yoshida
吉田麻也がガーナ戦の位置付け、3バックについて口を開く。

日本代表DF吉田麻也は新たなポジションについて語りつつ、ガーナ戦に向けて意気込みを口にした。

日本は30日、キリンチャレンジカップ2018でガーナと対戦する。吉田は新たな布陣で臨むことを認めつつ、競争やチャレンジなど様々な意味合いを持った一戦となることを強調した。

「新しいやり方、皆さん知っているように3バックなので、そこのやり方を試合のなかでどういうふうにやれるか、やれないのかを見出さないといけない。そこにチャレンジしなければいけないということと、もちろん競争もあるし、この試合の後にメンバーが決まるので全員が出し切らなければいけないし、そして同じようにワールドカップへ向けて準備をしなければいけない」

また、個人として3バックに関しては「やってみなければわからない」と話し、チャレンジの場と捉えているようだ。

「僕自身もいつもやっているのとは違うポジションなので、もちろんメンツも違えば、多少やり方も変わってくるし、練習でいくらシミュレーションしても、狭いピッチでやれるかやれないかを確認しても試合になれば全然違うので。その意味では明日は非常に貴重なチャレンジするチャンスだと思います」

ガーナ戦は西野朗監督となってからの初陣。監督が代わってから「ディスカッションしながら作り上げていく部分が一番変わったところ」と明かす吉田だが、やり方までもガラッと変わるわけではないと語る。

「今までのものはもちろん良いところは継続されるし、それは多分縦への速さをときには出すこととか、人への強さを1対1のところで出すというところは継続するべきだし、それは(ヴァイッド)ハリルホジッチ監督も、(ハビエル)アギーレ監督も、(アルベルト)ザッケローニ監督もずっと積み重なって、日本代表の力となっているので。非常に前向きに捉えています。またここで新しいことが日本代表に注入されて、それが僕たちの形になっていくんじゃないかなと思います」

3バックと4バックの併用に関して、「サッカーというのは完成がないし、どこまでも突き詰めていくスポーツ」と話した吉田。それでもワールドカップに勝つため少しでも高い完成度を求め、まずはガーナ戦へと向かう。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ