右膝前十字靭帯損傷の鹿島DF伊東幸敏が手術…8月末に負傷、全治約6カ月

コメント()
©J.LEAGUE
全治まで約6カ月を要する見込みに。

鹿島アントラーズは29日、負傷離脱中のDF伊東幸敏が手術を受けたことを発表した。

8月25日のトレーニング中に負傷した伊東は、チームドクターによる検査の結果、右膝前十字靭帯損傷と診断され、手術を行うこととなった。そして9月28日に東京都内の病院でチームドクターの執刀により手術を受け、全治まで約6カ月を要する見込みとなった。

伊東は今季の明治安田生命J1リーグで11試合に出場し、そのうち6試合に先発入りしていた。

鹿島は今季、AFCチャンピオンズリーグとJリーグYBCルヴァンカップで準決勝に進出し、天皇杯では8強入りを決めており、リーグを含めて4つのコンペティションを戦う過密日程を戦っている。リーグでは29日にアウェイでヴィッセル神戸と対戦する。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
カーディフ、クラブ史上最高額でナントからストライカー獲得…今季リーグ・アンで12ゴール
次の記事:
ファーディナンド、ジョルジーニョを糾弾 「走れない」「守備できない」「アシストできない」
次の記事:
モウリーニョが古巣のマンチェスター・Uに恨み節?「ペップやクロップにはサポートがあったが…」
次の記事:
ホームで強いアーセナル…チェルシー撃破にエメリもご満悦「このメンタリティをアウェイ戦でも」
次の記事:
鳥栖、元日本代表FW金崎夢生と契約を更新「自分に出来る事を精一杯出して…」
閉じる