反省しきりの冨安健洋「内容は全然。次もこういうゲームでは難しくなる」

コメント()
(C)Getty Images

日本代表DF冨安健洋はアジアカップ初戦のトルクメニスタン戦後には反省点をしきりに口にした。

日本代表は9日、アジアカップでトルクメニスタンと対戦し、3-2で辛くも勝利をもぎ取った。本職のCBではなく、ボランチとして出場した冨安は「相手にやらせちゃってましたし、どこにセカンドボールこぼれるかとか、ポジショニングとか予測しながら、カウンターの芽をもっと摘まなきゃいけなかったかなと思います」と振り返る。

コンビを組んだ柴崎岳の特徴に言及しつつ、守備での貢献が足りなかったと自省した。

「岳君の方がタテパスだったり、状況を変えるパスっていう特徴を持ってますし、そういったところっていうのは任せながらやることももちろん必要だとは思いますけど、もっともっと守備のところでボールを奪って助けられることができたんじゃないのかなとは思います。でも本当にやりやすかったですし、僕がもうちょっとディフェンスラインの前でバランス取ることができれば、もっとよかったかなと思います」

3点を奪ったことは評価しつつ、「内容としては全然良くなかったので、次もこういうゲームをやっていたら難しくなる」と警鐘を鳴らした冨安。それでも、チームがまとまるきっかけとはなったようだ。

「ピッチから引き上げる時にも(サブの選手が)ハイタッチしに来てくれたり、やっぱりそうやってサポートできるっていうのは日本のチームの良さだと思うんで、そういった選手たちの分までピッチに立った選手たちは責任を持ってやらないといけないですし、チームが一つになってやれたかなと思います」

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
「チャンスをしっかりと得点に…」予選で個人的な不満を募らせる南野拓実がサウジ戦へ意気込み
次の記事:
注意すべきは序盤の失点。サウジのスピードを封じ、原口、南野らアタッカー陣はサイドと裏を突けるか
次の記事:
韓国代表に痛手…負傷のキ・ソンヨンが残るアジアカップ欠場へ
次の記事:
堂安律はアヤックスにとって最適の補強?フローニンゲン指揮官と元アヤックスFWが絶賛
次の記事:
明暗分けた指揮官の采配――大胆不敵なエメリと“消去法”のサッリ…CL権争いは大混戦に
閉じる