原口元気、予想外の苦戦だったと吐露「正直こんなに苦しむとは…」

コメント()
©Getty Images

日本代表MF原口元気はトルクメニスタン戦で思わぬ苦戦を強いられたことを認めつつ、試合を振り返っている。

日本代表は9日、アジアカップ初戦でトルクメニスタンと対戦。先制を許し、逆転に成功したものの、不用意なPKで2失点目を喫し、3-2で勝利したが、課題の多く残る試合となった。原口は試合全体をこのように振り返る。 

「緊張感もあったし、暑さもあったし、色々な要因がありました。前半に上手くいかなかった原因の一つとして、やりたいサッカーに固執しすぎたかなというのはあった。中でのコンビネーションをしたいがゆえに、幅がなかったし。かといって、SBが高い位置をとれていたかというと、そうでもなかったので。でも後半うまく自分たちの方で修正できたというのは、一つ良い勉強になったかなというか。正直、こんなに苦しむとは思わなかったですけど、苦しいなりに修正して、相手がどうであれ、3ポイントとれたというのは、一つチームとして良い勉強になったなと」

原口は同点となるアシストを記録し、「迫くんの能力で決めてくれた」とシーンを振り返ったが、試合を通してドリブルで打開するという意識は強く持っていたようだ。

「もちろん、やらなきゃいけないというのはあるし、(中島)翔哉であればずっと開いて、そこから変化をつけていたというのはあるけど、やはり簡単には、真ん中のコンビネーションだけでは崩せないなというのはあって。監督からはそれも言われて、サイドから仕掛けてもいいと言われたので、より、その意識というのは、アジアレベルであれば、やはり、1枚、2枚はがせないといけないと思いますし、後半にそれを実践できたのは良かったなと思います」

2失点目については「もうやってはいけない」と話し、相手次第で追いつかれる可能性もあったと話す原口。課題を胸に次のオマーン戦へと向かう。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
前回王者の豪州、ウズベクとのPKに及ぶ死闘を制して8強入り!準々決勝は開催国UAEかキルギスと激突
次の記事:
名審判イルマトフの笛に…判定基準に苦しんだ原口「取りに行けば全部ファウルに…。あの中で賢く守れた」
次の記事:
レアル・マドリー、ポルトの21歳ブラジル代表DFミリトンと個人合意…契約解除金5000万ユーロ支払いへ
次の記事:
成長続ける20歳・冨安健洋、吉田らベテランとの最高の関係「練習中から…」
次の記事:
バルセロナ加入濃厚のボアテング、過去に「バルサよりレアル・マドリーが好き」と発言
閉じる