【原博実の超現場日記2018/第6回】福岡vs岡山はお互い悔しいドロー。台風の影響で3時間遅れのキックオフ

Jリーグの原博実副理事長がスタジアムや視察先で見たもの、感じたことを率直な言葉で綴る『超現場日記』。今回は10月6日にレベルファイブスタジアムで開催された明治安田生命J2リーグ第36節・アビスパ福岡vsファジアーノ岡山を視察した。

10月6日、J2第36節の福岡vs岡山を視察した。

14時キックオフの予定が台風25号の影響で17時に変更。私が乗った飛行機も、福岡空港到着前は風の影響でかなり揺れた。

レベルファイブスタジアムは福岡空港から近い。時間があるときにはいつも歩く。

スタジアムまでの途中にあるマンホール。なかなかいい。

2018-10-09-hara-fukuoka-okayama

スタジアムの直前にはオシャレな建物がある。(編集部注:Kitchen houseというカスタムキッチンのショールーム)。

2018-10-09-hara-fukuoka-okayama

スタジアムまではだいたい30分くらい。帰りも試合後は車やバスで渋滞するので、空港までは歩いたほうが早い。

レベルファイブスタジアム内にはこんな展示物もある。リンドバーグ夫妻の愛機「ロッキード・シリウス号」復元機。(編集部注: 1931年(昭和6年)、リンドバーグ夫妻がシリウス号で博多湾にある名島水上飛行場に来訪したことに由来)。

2018-10-09-hara-fuku3oka-okayama

そして試合前にはHKT48のイベントも行われた。

2018-10-09-hara-fukuoka-okayama4

ホームの福岡。

前節終了時点で4位、勝ち点は60。首位・松本山雅FCとの勝ち点差は5。前節はアウェイで大宮アルディージャを3-1で破り、上り調子だ。サポーターも気合十分。

2018-10-09-hara-fukuoka-okayama5

2018-10-09-hara-fukuoka-okayama6

アウェイの岡山。

前節終了時点で10位、勝ち点は48。

前節も終了直前にアルビレックス新潟に決勝ゴールを許し、1-2で敗戦。今シーズンは終了間際の失点が多い。何より得点が取れない。ここまで35得点。プレーオフ出場圏の6位以内に入るには、ここからすべて勝ち続けるしかない。

では、ハイライトをどうぞ。

20分、福岡FW城後寿。45+4分、岡山、ジョン・チュングン。どちらも素晴らしいゴールだった。お互い勝ち切るチャンスはあった。

まずは福岡。

途中出場のFWレオ・ミネイロ、松田力、ユ・インス。彼ら以外にもベテランMF山瀬功治、DF駒野友一、岩下敬輔が控えている。J1クラブ並みに選手層は厚いと言えるだろう。調子の良い選手を見極めて、いかに勝ち点を積み上げられるか。そして、その中で経験あるベテランもうまく使っていきたいところだ。J1自動昇格に向けて、井原正巳監督の手腕が問われる。

2018-10-09-hara-ihara-fukuoka-okayama7

そして駒野と。

2018-10-09-hara-komano-fukuoka-okayama

一方の岡山。

悪くはない。よく走る。ひたむき、そして一生懸命さは伝わる。しかし、その真面目さが、ともするとワンパターンになっている。一本調子に陥りやすい。

終了間際の失点をなくそうとすればするほど、終了間際の失点が続いてしまう。守備にしてもいつも全力だ。けれど、一番大事なところに穴が空いてしまう。もう少し肩の力が抜けると良いチームなのにと思ってしまう。それは監督の性格がそうさせているかもしれない。

長澤徹監督と。

2018-10-09-hara-nagasawa-fukuoka-okayama

岡山は頑張るし、やりにくいチームであることは事実だ。でも、わかりやすいチームでもある。私にはそう見える。今節のドローで順位は12位に落ちた。J1参入プレーオフ圏入りはかなり厳しい状況だ。ならばいっそ伸び伸びリラックスしてプレーしてほしい。そんな岡山なら、どことやっても良い試合をやれるはずだ。

よし帰りも福岡空港まで歩こう!19時からのサガン鳥栖vs湘南ベルマーレ戦は、後半からでもDAZN観戦しよう。

そう、J1残留争いも目が離せない。

★『原博実の超現場日記』バックナンバーはこちら!★

文=原 博実

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
「狂ったように喜ばない」スタンフォード・ブリッジ凱旋を前にモウリーニョがリスペクトを誓う
次の記事:
ベニテス「クビを恐れることはない」リーグ戦未勝利も次節からの巻き返しに意気込み
次の記事:
批判に晒されるモウリーニョを擁護するサッリ「彼はもっと敬意を払われるべき」
次の記事:
フローニンゲン指揮官が日本代表で活躍の堂安律を称賛「代表で良いプレーをしていた」
次の記事:
原口元気&浅野拓磨は次節に向けて「問題なし」…ハノーファー指揮官、選手たちの状態に言及
閉じる