南野拓実、初戦勝利に安堵…改善点と評価できる部分は?

コメント()
(C)Getty Images

日本代表FW南野拓実はアジアカップ初戦で最低限の結果に胸をなでおろした。

日本代表は9日、アジアカップ初戦でトルクメニスタンと対戦。先制を許すなど厳しい展開となったが、3-2となんとか勝利をもぎ取った。南野は「難しい試合展開でしたけど、勝てたことがすごく重要だと思いますし、それはよかったかなと思います」と話す。さらに、改善点を続ける。

「細かいミス、イージーミスであったりとか、取られ方が悪い中でカウンターも何回も来ましたし、そういうところは修正していかないといけないところだなっていうふうには感じました」

一方で、自分たちも我慢しながら、対応できたと振り返る。

「相手も研究してきている中で、ああいうスペースがない状況はあると思うので、我慢しながら後半チャンスがあればしっかりそこを突いて行ければいいなと思っていたんですけど、後半は両サイドハーフがワイドに取ってスペースが空いて動きやすくなりました。そういう試合の中で我慢強く相手を見ながら自分たちも変化していけたのは、まあよかったんじゃないかなと思います」

辛くも初戦をものにした日本。南野にゴールは生まれなかったが、次戦のオマーン戦では期待したいところだ。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
サウジ戦は武藤を1トップ起用!日本代表が先発を発表…右臀部痛の大迫はベンチから
次の記事:
札幌DF横山知伸、昨年末に脳腫瘍の摘出手術を実施…現在は復帰に向けて治療中「必ずピッチに戻ります!」
次の記事:
出場機会が与えられないエジル、エメリ監督「他の選手と同じように信頼している」
次の記事:
イグアイン、次戦ベンチ外でチェルシー移籍が目前…ガットゥーゾは「選択を尊重」
次の記事:
ネイマール、ペレのダイブ批判についに返答「リスペクトするが納得はしない」
閉じる