南野拓実「チームのために体を張れた」と連勝に安堵も、前半のチャンス逸は自身の課題

コメント()
©Getty Images

アジアカップ2戦目のオマーン代表戦に臨んだ日本代表は、前半に決めた原口元気PK弾を守り切り、1-0で勝利を収めた。

MF南野拓実は試合後、「2連勝して予選突破を確実に決めたことは良かったと思います。チームの勝利が重要だったので、勝てて良かったです」と、喜びを口にした。

「相手も後のない状況で激しく来ることは分かっていました。自分の役割は、チームのために体を張ることが重要なポイントだったので、それが勝利につながって良かった」と語る南野の首筋には、傷跡も見られた。

それでも「個人的には、自分のところで前半にチャンスがあったので、チームのために決め切れなかったことは、自分の課題なので、次に向けて改善していきたいと思います」と、前半のチャンスを決め切れなかったことを反省。「予選のラスト1試合あるので、3戦全勝して良い勢いで決勝トーナメントに持っていきたい」と、次戦に向けた意気込みを語った。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
横浜FM、ブラジル人FWを期限付き移籍で獲得内定 「この挑戦に全力を尽くしたい」
次の記事:
アーセナル、ハメス獲得へ? エジルの代役か
次の記事:
鹿島が2019シーズンの背番号を発表…10番は昨季ベストヤングプレーヤー賞の安部裕葵に
次の記事:
リヴァプール、守備陣に故障者続出…20歳のサイドバックも最大で4週間の離脱へ
次の記事:
磐田、ルクセンブルク代表FWロドリゲスを獲得、背番号は11
閉じる