半端ない決意を胸に。大迫勇也が抱くW杯への思い「日本代表の歴史を変えたい」

コメント()
(C)Goal
来月に控えるロシア・ワールドカップを前に、大迫勇也が現在の胸中を明かす。

ロシア・ワールドカップへ臨む日本代表の候補に選ばれた大迫勇也が5月19日、東京・原宿にあるアシックス原宿フラッグショップで行われた『DS LIGHT X-FLY3』の新色発表イベントに登場し、4年に一度の祭典への思いを語った。

日本代表を取り巻く環境は、ここ数カ月で激変した。ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の解任、西野朗新監督の就任、それに伴うマスメディアやファンによる論争、討論……。W杯の開幕を6月14日に控える中、先行きを不安視する声が少なくないのが現状だ。

だが、大迫自身に迷いはない。

「(監督が代わった)危機感はありますよ。ただその中で、みんな『勝ちたい』と思っている。その気持ちを同じ方向に向いていれば、絶対に結果は出ると思う。自分たちを信じて取り組みたい」

大会直前の監督交代劇は、日本中を巻き込んだ論争を呼んだ。しかし、大迫に「動揺はない」という。「ドイツでは、監督が代わることはしょっちゅうですし、そんなこと言ってられないですよ。僕らは前を向いて進み始めたから」。

すでにハリル時代は過去のこと。これからの日々はロシアで結果を出すために、歴史を作るために、費やしていく。まずは30日にガーナ戦が控えているが、大迫にとっては「メンバーを決めるための戦い」ではなく「本大会で結果を残すための戦い」となる。

「もうメンバーを決めるという戦いではないと思います。ワールドカップへ向けて戦わなければいけない。初戦に向けた貴重な一試合と考えてプレーしたいです」

「(本大会では)点を取ること。フォワードなのでね。点を取ってチームに勢いをつけたい。最低でもグループリーグを突破して、歴史を変えられるような結果を出したい」

日本代表の初戦は6月19日。大迫は「初戦がすべて」と語る。4年前のブラジルW杯では初戦のコートジボワール戦で逆転負けを喫し、そのまま白星を挙げることなくグループリーグで敗退となった。そして、最終戦の相手だったのが、今大会の初戦で対戦するコロンビアだ。

「4年前、コロンビアに負けて敗退が決まったので、借りを返すチャンスだと思います」

「前回は悔しさや不甲斐なさしかなかった。この4年間はドイツの一部リーグでプレーしてきて、少なからず手応えもあるので、それをぶつけたい」

4年前の悔しさを糧に、この4年間で培った経験と強さを武器に、そして日本を代表して戦う誇りと決意を胸に。大迫はロシアでの飛躍を誓う。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

閉じる