【動画】清水エスパルス、逆転勝利で自力残留を勝ち取る…甲府は来季6年ぶりにJ2へ/J1リーグ第34節

コメント()
(C)Getty Images for DAZN
清水エスパルスが残留を決め、ヴァンフォーレ甲府がJ2降格となった。

■J1第34節 神戸 1-3 清水

神戸:渡邉(13分)
清水:北川(19分)、増田(26分)、鄭大世(57分)

■J1第34節 甲府 1-0 仙台

甲府:リンス(90+6分)
仙台:なし

明治安田生命J1リーグ第34節が2日に9試合行われた。

自力で残留を決めるためには勝利が必要な清水だったが、13分に先制を許す。しかし、19分にFW北川航也が直接FKを沈めて同点。さらに26分、MF増田誓志がゴールを決め、逆転に成功する。

清水は57分、鄭大世のゴールで3-1。清水が勝利を収め、自力での残留を決めた。なお、神戸FWルーカス・ポドルスキは先発出場したが、62分とFWハーフナー・マイクと交代で退いた。

16位の甲府は90+6分にリンスがゴール決め、1-0で勝利。しかし、清水が勝利を収めたため、J2降格となった。2013年からJ1を死守していた甲府だったが、来季は6年ぶりのJ2となる。

▶Jリーグを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる