【動画】伊藤達哉、HSVでトップチームデビュー…82分から途中出場し30人目のブンデスリーガーに

コメント()
若き日本人MFがブンデスリーガデビュー。しかし、チームは完敗を喫している。

ハンブルガーSV(HSV)に所属する20歳の日本人MF伊藤達哉が、レヴァークーゼン戦で途中出場し、日本人としては30人目となるブンデスリーガーとなった。

HSVは24日、ブンデスリーガ第6節でレヴァークーゼンと対戦。酒井高徳は先発出場し、伊藤はベンチスタートとなった。伊藤は前節のドルトムント戦で初のベンチ入りを果たすと、この試合の82分にアンドレ・ハーンと代わってトップチームデビュー。しかし、試合には0-3と敗れている。

柏レイソルのユース出身の伊藤は2015年にHSVの下部組織に加入。今シーズン、同U-21としてレギオナルリーガ(4部相当)で7試合に出場し、5アシストをマークする。リーグ戦4連敗と苦境のチームを救うことはできるだろうか。

▶ブンデスリーガのライブを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう

閉じる