前立腺がんが公表されたベリッソ、セビージャは指揮官交代を考えず...多くのサポートの声届く

コメント()
(C)Getty Images
ロペテギ監督、エメリ監督、モンチSD、S・ラモスらが支持を表明

セビージャは22日、エドゥアルド・ベリッソ監督が前立腺がんを患っていることを公式声明で認めた。だがクラブは監督交代を考えていない様子だ。

セビージャのホセ・カストロ会長は「ベリッソが我々の監督だ。それ以外のシナリオは考えていない。我々は全力で彼を助ける」と公式声明伝達後に語った。

加えてカストロ会長は「バルセロナの会長から電話があった。バルセロナ医療スタッフの経験を生かしてほしい、とのことだった。それを明かすのは正当だと思う。バルセロナだけではなく、多くのクラブが関心を示してくれた。彼ら全員に『ありがとう』と言いたい」と述べ、サポートの声に感謝した。

広告

また、昨季までベリッソ監督が指揮していたセルタは、「我々の最大のサポートをベリッソに。トト(ベリッソ監督の愛称)、全世界に精神力の何たるかを示す時だ! セルタの家族は君と共にいる。一緒にこの扉をぶち破ろう」と公式声明を出した。

ほかにもレアル・マドリーDFセルヒオ・ラモス、ベティスMFホアキン・サンチェス、スペイン代表のフレン・ロペテギ監督、パリ・サンジェルマンのウナイ・エメリ監督、ローマのモンチSD(スポーツディレクター)、アスレティック・ビルバオ、マルセイユ、ニューウェールズなど多数の選手・クラブがベリッソ監督への支持を表明している。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる