冨安健洋、移籍後初ゴールも守備面の課題口に「0で抑えられていない」

コメント()
(C)STVV
強豪アンデルレヒトを下して5位に浮上した。

シント=トロイデンに所属する日本代表DF冨安健洋はゴールを挙げながら、守備面での課題を口にしている。

シント=トロイデンは25日、ジュピラーリーグ第16節でアンデルレヒトと対戦。冨安と鎌田大地が先発し、遠藤航はベンチスタートとなった。シーソーゲームとなった試合はシント=トロイデンが4-2と逆転勝利を収めている。

移籍後初ゴールが貴重な同点弾となった冨安は「(ゴールの瞬間は)そんなに覚えてないです。同点に追いついたゴールだったので、特に『よっしゃ』という感じでもなかったですね」と振り返る。

一方で、守備面では課題を口にした。

「最近は失点を0に抑えられてないですし、今日も2失点して、2失点目は僕の内側にボールを通されてPKをとられてしまったので、そこはポジショニングをもっと気にしないといけないです。内側を通されてしまうことがあるので、よりポジションを気にしながら、まわりとコミュニケーションを取りながら、0に抑える試合を多くしないといけないなと思っています」

3連勝を達成したシント=トロイデン。冨安は「次節、次々節と難しい相手ですけど、またしっかり今日の反省をして、1週間良い準備をしてチーム一つになって戦いたいと思います」と先を見据えた。

▶サッカー観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
難敵ライプツィヒを下したドルトムント、首位キープに指揮官も満足
次の記事:
超一級品のゴールで4試合連続弾のラッシュフォードにクラブ重鎮は「信じがたい才能」「世界最高選手の一人になれる」
次の記事:
インテルCEO、イカルディの残留を確信「問題はいつサインするかだけ」
次の記事:
アーセナルレジェンド、ラムジーのユーヴェ行きは「吐き気を催す」 クラブを批判
次の記事:
カーディフ、クラブ史上最高額でナントからストライカー獲得…今季リーグ・アンで12ゴール
閉じる