公式戦3連敗中のマンチェスター・C、ペップは危機感「リーグ優勝を奪われる可能性がある」

コメント()
Getty
スペイン人指揮官はリーガやNBAを例に挙げ、大逆転を許す可能性があると話した。

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、チームが失速してマンチェスター・ユナイテッドにタイトルを奪われる可能性があると認めた。

残り6節で勝ち点5を積み上げればプレミアリーグ優勝を決められるマンチェスター・シティだが、チャンピオンズリーグでリヴァプールに2戦とも敗れ、さらにマンチェスター・ユナイテッドには2点差を逆転されるなど現在公式戦で3連敗中。調子を落としている同チームは14日に敵地でのトッテナム戦を控える。

2位マンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差は「13」と大量のリードを奪っているものの、リーガ・エスパニョーラやバスケットボールのNBAを例に挙げ、逆転される可能性が十分に残されていると語った。

「フットボールは心理的な面が作用しやすいから何でも起こり得る。今、我々はトッテナム戦とスウォンジー戦に勝利することだけを考えている。11月の段階から解説陣やファンからシティは試合を落とすはずがないから、もうすでにタイトルレースは決したという言葉を耳にしていた。しかし、この1週間だけで3敗した」

「次の2試合に勝利すれば優勝を決められる。良い時も悪い時も重圧をうまくコントロールしてきたから、終盤のこの時期に受けるプレッシャーにも耐えなければならない。仮にこれができなければユナイテッドに優勝を譲り、彼らに“おめでとう”と言わざるを得なくなる」

「何年も前にレアル・マドリーが6連敗を喫して優勝を逃すことがあった。NBAファイナルでもキャバリアーズが1勝3敗から3連勝する史上初の快挙を成し遂げて優勝した。確かに我々が大きなアドバンテージを持っているが、ユナイテッド戦やリヴァプール戦のような戦いを見せれば、彼らに優勝を譲ることになるだろう」

閉じる