元チェルシー主将テリーが現役引退を発表…20年間の華々しいキャリアに幕

コメント()
家族をはじめ、チームメイトや監督、サポーターへの感謝を綴った。

チェルシーやイングランド代表でキャプテンを務めたDFジョン・テリーが現役からの引退を発表した。

20年以上にわたり、通算で800試合以上に出場した現在37歳のテリー。今夏にチャンピオンシップ(英2部)のアストン・ヴィラから退団した同選手は、7日に自身のインスタグラムで華々しいキャリアに幕を降ろすことを決めたと綴った。

「フットボーラーとしての23年間が経ち、僕は今が引退するに適切な時間だと決断した。多くの人に感謝を伝えなければならない。妻のトニと2人の子供、ジョージとサマー、君たちがいなければこのようなキャリアを歩めなかった。心から愛している。そして両親のスーとテッド、兄弟のポールにも感謝している。家族と友人からの最高のサポートに心から感謝している」

「14歳の時、チェルシー・フットボールクラブと契約するという最高にして最大の決断を下した。言葉では足りないくらい、あのクラブのみんな、特にファンは僕にとって意味のある存在だ。ピッチ内外で僕をサポートしてくれた彼らと本当に強い絆を得られたし、多くの最高の記憶を共有した。君たちが居なければこの成功はなかった。僕にとっては君たちが世界一のサポーターだ。君たちのために誇りを持ってユニフォームとアームバンドを着用できたと思う」

「そして、一緒に働けて名誉であり、多くのことを学べた素晴らしいチームメイト、コーチ、監督、バックルームスタッフにも感謝を伝えたい。愛するクラブ(チェルシー)で717試合をプレーし、キャプテンを任されたことは特権だった。それに、彼らは僕の幼少期の夢であったイングランド代表のキャプテンを務めることを助けてくれた」

「僕のキャリアと心は常にチェルシーのそばにあるが、1999年にローンで加入したノッティンガム・フォレストでの期間にも感謝している。また、2017-18シーズンにキャプテンとしてプレーする機会を与えてくれたアストン・ヴィラにもありがとうと言いたい」

「人生の次のチャプターとこれから迎える挑戦を楽しみにしている」

19年間プレーしたチェルシーでは、5度のプレミアリーグ優勝を含む17個のトロフィを獲得。また、イングランド代表としても2006年と2010年のワールドカップに出場するなど78キャップを誇る。

なお、引退を発表したテリーは、アストン・ヴィラのバックルームスタッフとして第二のキャリアをスタートするのではないかとも報じられている。

▶プレミアリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ウーゴ・ヴィエイラがSNSで退団示唆…来季も横浜FMでプレーする?質問に「残念ながらそう思わない」
次の記事:
マンチェスター・シティDFコンパニ、戦友ハートを称える「彼はシティのレジェンドだ」
次の記事:
酒井&伊藤所属のHSVが監督交代を決断!新監督は元シュトゥットガルト指揮官に決定
次の記事:
キエッリーニ「偉大な監督が率いる王者」マンチェスター・Uとのビッグマッチに意欲
次の記事:
JFAがFIFAランク1位のベルギーとパートナーシップを締結!ロシアW杯では16強で対戦
閉じる