低調レアル、モドリッチが憤る「運の問題じゃない。多くの選手が本来のレベルにない」

コメント()
Getty Images

6日のリーガ・エスパニョーラ第18節、レアル・マドリーは本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのレアル・ソシエダ戦を0−2で落とした。MFルカ・モドリッチは試合後、自チームの低調ぶりが「運の問題ではない」と語った。

前節ビジャレアル戦ではドローゲームを演じたマドリーだが、今回のベルナベウでの一戦では開始直後にPKからビハインドを負い、同点に追いつけぬまま終盤にさらなる失点を喫して敗戦。アラベスに抜かれて順位を5位に落とし、同日にヘタフェを下した首位バルセロナに勝ち点10差をつけられている。

ベルナベウの観客は、自チームにブーイングを浴びせたばかりか、フロレンティーノ・ペレス会長の辞任すら要求するなど、大きな失望を覚えているようだ。そして試合後、ミックスゾーンに登場したモドリッチは、自チームのプレーや試合に臨む姿勢を正当化することなく、はっきりと声を上げた。自分たちの不甲斐なさに、憤りすら感じているようだ。

「多くの選手が本来のレベルにないね。毎回、立ち上がりにヘマしちゃならない」

「はっきり言わないといけない。これは運の問題じゃないんだ。(チャンスは)つくっているもののボールが枠に入らず、そして多くの失点を許している。なぜうまくいかないか、それを物語る理由は存在している」

また、この試合ではFWヴィニシウスがペナルティーエリア内でGKヘロニモ・ルジに倒されたものの、PKの笛は吹かれず、VARでも検討されることはなかった。モドリッチはそのことにも不満を漏らしている。

「審判が言うには、VARからPKではないと伝えられたらしい。あのプレーを検討しないなんて、僕からすれば信じられない。まあ、もう過ぎたことだけど」

「スペインで、僕たちはVARに困惑している。まるでマドリーに対しては恐れを感じているようだ。でも、そのことについては話したくない」

2018年のバロンドーラーは、チームがここから巻き返しを図る必要性を説いた。

「もっともっと良くならないと。僕たちは理想的な時期を過ごしているわけじゃない。ピッチ上でチームとしてもっと団結し、一枚岩になる必要がある」

「リーガを失っただなんて話すべきじゃない。一試合一試合戦っていかなくては。僕たちは大人らしく話し合い、今日のようなことを解決しなくてはならない」

▶リーガ・エスパニョーラ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ユヴェントス、ダルミアン獲得は断念か…カギとなる25歳MFが退団を拒否
次の記事:
搭乗飛行機行方不明のサラに元ナント指揮官ラニエリが祈り「サッカー界が団結するとき」
次の記事:
柴崎岳、準々決勝で対戦するベトナムを警戒「ここまで上がってくるだけの力がある」
次の記事:
「チャレンジャー精神で臨む」森保監督、ベトナム代表を高評価。「明日も厳しい試合になる」
次の記事:
バルセロナ、デ・ヨング獲得へ個人条件で対抗…年俸20億円オファーを準備か
閉じる