伊藤達哉はどうブレイクを果たしたのか?4部から古豪HSVの光となるまで…

コメント()
Getty Images
今季HSVでブレイクを果たした伊藤達哉。チームは降格の憂き目に遭ったが、HSVの数少ない希望の光となった伊藤はどのような道すじを歩んだのだろうか。

伊藤達哉は今季のブンデスリーガに突如として現れた新星だった。9月末に1部デビューを果たすと、20試合に出場し、4アシストをマーク。第33節には自らネットを揺らしたがビデオ判定の結果得点は認められず、初ゴールはならなかった。しかし、終盤は残留争いに苦しむチームのキーマンとなり、ハンブルクのメディアから日本代表入りを推されるようになるほどの存在感を発揮した。

■ここまでの道のり…

そもそも伊藤はどのようにしてブンデス1部の舞台にたどり着いたのだろうか?小学生から柏レイソルの下部組織でプレーしていた伊藤は、UAEで行われた大会でMVPに輝いた。その活躍が認められ、2015年の夏にハンブルガーSVの下部組織へ移籍。U-19で順調なスタートを切ったかに思えたが、9月中旬にひざを負傷しシーズンのほとんどを棒に振ることになった。

しかし、翌シーズンは4部リーグに所属する若手主体のセカンドチームに昇格。序盤はなかなか出場機会を得られなかったが、終盤には先発の座をつかみ取った。そして今シーズン、開幕からセカンドチームでアシストを積み上げていた伊藤に当時トップチームを率いていたマルクス・ギスドル監督が目を付ける。第5節ドルトムント戦でトップチームのメンバー入りすると、翌節のレヴァークーゼン戦で82分にブンデス1部デビューを果たした。

2018-04-15 Ito Tatsuya HSV

そして続くホームのブレーメン戦で先発に名を連ねると、160cm台前半の小さな体で大きなDFたちを次々とドリブルで抜き去り、大きなインパクトを残した。後半の立ち上がりに痙攣を起こし、53分にピッチを後にしたが、この小さな日本人は一瞬にしてハンブルクの人々を虜にした。

「何という先発デビューだ!ブンデスリーガで最も小さい選手はチームにフレッシュさを持ち込み、左サイドの攻撃に自信をもたらした。彼の1対1はフォルクスパルク・シュタディオン(ハンブルクのホームスタジアム)ではメーディ・マハダビキア(1999年から2007年までハンブルクでプレーしたイラン代表MF)以来見たことのないものだった。痙攣で交代となった際は大きな拍手で送られた」と地元紙『ハンブルガー・アーベントブラット』は興奮気味に記した。

その後も安定してプレー機会を確保していた伊藤だが、1月末にホラーバッハ監督が就任するとメンバーから外れる日々が続くことに。しかし、セカンドチームを率いていたティッツ監督が3月に内部昇格すると、再び状況は大きく変わる。伊藤をよく知るティッツ監督は背番号43に自由を与え、攻撃のスイッチを入れる役割を授けた。すると3-2で勝利した2位シャルケとの一戦で初アシストを決め、シャルケのテデスコ監督をして「我々はあの若者を止めることができなかった。彼は素晴らしかった」と言わしめた。翌日、ハンブルクのファンショップは品切れとなった伊藤の43番の背番号を追加発注しなければならなかった。

■日の丸は…?

2018-05-14-ito-tatsuya

守備面での物足りなさは否めないが、ブンデスでもトップレベルにあるサイドでのドリブル突破という明確な武器は、日本代表の助けになったかもしれない。将来性を含めれば、メンバー入りを検討する価値は十分にあったはずだ。しかし、6月下旬から7月上旬まで行われるトゥーロン国際をケガのために欠場。ロシアW杯出場の可能性はほぼなくなったと考えていいだろう。

もともと伊藤のロシア行きを勧め始めたのはハンブルクのメディアだった。伊藤自身のそういった周囲の声は耳に入って来ていたが、チームが残留を争う厳しい状況だっただけに、W杯が頭の中に入り込む余地はなかった。

すでに国内外複数のクラブから問い合わせが届いている。本人の意向もあり来季はハンブルクに残り2部でプレーすることが濃厚となっているが、スカウトたちの注目が伊藤に集まることは間違いないだろう。

文=山口裕平

▶ブンデスリーガ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

次の記事:
バルセロナ、ケヴィン=プリンス・ボアテングのレンタルでの獲得を発表…スペインでは賛否両論
次の記事:
無念の途中離脱。青山敏弘が森保監督と交わした最後の会話「本当はこのピッチが決勝戦だったら…」
次の記事:
前回王者の豪州、ウズベクとのPKに及ぶ死闘を制して8強入り!準々決勝は開催国UAEかキルギスと激突
次の記事:
名審判イルマトフの笛に…判定基準に苦しんだ原口「取りに行けば全部ファウルに…。あの中で賢く守れた」
次の記事:
レアル・マドリー、ポルトの21歳ブラジル代表DFミリトンと個人合意…契約解除金5000万ユーロ支払いへ
閉じる