仙台、DF蜂須賀が右足首の靭帯損傷…全治まで2カ月の見込み

コメント()
©J.LEAGUE
ベガルタ仙台がDF蜂須賀孝治の診断結果を発表した。

ベガルタ仙台は11日、DF蜂須賀孝治が右足首の靭帯を損傷し、全治2カ月と診断されたと発表した。

蜂須賀は11月24日に行われた明治安田生命J1リーグ第33節の鹿島アントラーズ戦で負傷。経過を観察後に仙台市内の病院で精密検査を行い、全治が判明した。

蜂須賀は今季のリーグ戦で28試合に出場。4得点を記録していた。

▶Jリーグ観るならDAZNで。1ヶ月間無料トライアルを今すぐ始めよう

【DAZN関連記事】
DAZN(ダゾーン)を使うなら必ず知っておきたい9つのポイント
DAZN(ダゾーン)に登録・視聴する方法とは?加入・契約の仕方をまとめてみた
DAZNの番組表は?サッカーの放送予定やスケジュールを紹介
DAZNでJリーグの放送を視聴する5つのメリットとは?
野球、F1、バスケも楽しみたい!DAZN×他スポーツ視聴の“トリセツ”はこちら ※提携サイト:Sporting Newsへ

Goal-live-scores

次の記事:
ナポリ戦までに“レヴァ2世”獲得を急ぐミラン、移籍金44億円とJ・マウリを提示か
次の記事:
マンチェスター・U、期待の生え抜きが契約延長! スールシャール「彼の前には明るい未来が広がっている」
次の記事:
豪州の戦いぶりに韓国紙が厳しい論調「4年前に比べてはるかに弱い。4強まで上がるかも不確実」
次の記事:
元イングランド代表A・コールが英2部ダービーに加入…元同僚ランパードとPL昇格へ
次の記事:
大迫所属ブレーメン、さらにアジア人選手を狙う?アジア杯視察中のSD「詳細明かせない」
閉じる