今季限りで契約満了の乾貴士…エイバルへの愛着を語る「恩返していきたい」

コメント()
Getty Images
日本代表MFは、エイバルへの愛着を語りつつ残留することを示唆している。

エイバルMF乾貴士が、クラブへの愛着を語っている。『Omni Sports』が伝えている。

2015年にエイバルに加入し、3シーズン目を過ごしている乾。今季もしっかりと定位置を掴み、また3-5-2の2トップで起用されることもあるなど、新たな役割もこなしつつ成長を続けている。ホセ・ルイス・メンディバル監督も、「最初は守備がひどかったけど、日々学んでいる。良いゾーンに位置するようになった」と日本代表MFの進歩を喜んでいる。
そんな乾は、今季限りで契約が満了となる。スペイン『アス』によると、年俸大幅アップの2年の契約延長オファーを提示したと伝えている。

クラブからの信頼もつかむ乾だが、自身もエイバルに長く残ることを希望しているようだ。クラブに恩返ししたいと語っている。

「詳しいことは何も言えないですけど、大好きなチームですし、ここに来て本当に良かったと思っています。2部に落ちるということだけは避けたい。ちょっとでも上に行けるように貢献して、恩返しできたら良いなと思っています」

開幕からしばらく苦しんでいたエイバルだが、リーグ戦直近6試合は5勝1分。欧州カップ戦の狙える7位にまで浮上している。クラブと相思相愛の乾を、来季ヨーロッパの競合がしのぎを削る舞台で見ることができるのかもしれない。

▶リーガ・エスパニョーラを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

閉じる